jQueryで要素を消す際に注意すべきこと 備忘録

最終更新日:2020年8月21日 jQuery

jQueryで要素を消す方法としては、hide(),fadeOut(),css(),addClass()などがある。

自分だと、css(‘display’,’none’)をよく使う。

ここで、addClass()でdisplay:noneがついたクラスを指定して消す場合は、クラスを追加するのでCSSの優先順位を意識することが大事。

そうしないと他のクラスのdisplayプロパティに負けてdisplay:none;が効かないことがある。

ここは、今後の実装で失敗しそうだと感じたので、備忘録として残しておく。

参考:https://blog.keisuke11.com/webdesign/jquery-display-none/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です