プログラミング

PuTTYでNetwork errorが出て仮想マシンに接続できない場合の対処法

こんにちは、ユウトです。

ドットインストールにて、ローカル開発環境の構築 [Windows編]#07 仮想マシンにログインしてみようを実践していたところ、仮想マシンに接続できないというトラブルに見舞われたので、対処法を備忘録として残しておきます。

使用PC:lenovo windows10 64bit

 

先に結論から言うと、以下の2つが原因でした。

  • 仮想化支援機構(VT-x/AMD-V)が有効でなかった
  • NTTのセキュリティ対策ツールがBIOS の設定を無効にしていた

上記2点を解決したところ、無事仮想マシンにログインできました。

今回はこれら2つの問題を含めて、仮想マシンにログインするまでの過程をまとめておきます。

 

まず、#07 仮想マシンにログインしてみようの動画の通り、puttyにて仮想マシンに接続しようとしたところ、Network errorのダイアログが表示されました。

そこで、この動画の補足情報を参考にして、以下の6つに原因があると考えました。

  1. 接続しようとしている IP アドレスは正しいですか?
  2. 仮想マシンは起動していますか?
  3. 仮想マシンの IP アドレスは有効になっていますか?
  4. 複数の仮想マシンが起動していませんか?
  5. 仮想化支援機能が使用できない
  6. セキュリティソフトが通信を遮断していませんか?

そして、1~4の項目を確認したのですが、いずれも問題なかったです。

 

そのため、次は5の仮想化支援機能が使用できない状態にあることを疑い、VBox.logを調べると、ビンゴ!

動画の補足情報にも以下のように記載されていますね。

なお、以下の VBox.log の中に「VT-x is disabled in the BIOS for all CPU modes」もしくは「AMD-V is disabled in the BIOS」というメッセージが存在していたら、これに該当します。

これで、仮想マシンに接続できないのは、VT-x/AMD-Vが無効だからだと分かったので、有効化していきます。

 

なお、有効化のやり方については、以下の2つのページを参考にしました。

http://tanweb.net/2017/12/22/17401/

https://futurismo.biz/archives/1647

簡単にやり方を説明しておくと、最初のページの通りにPCを再起動すると、BIOSの設定画面が開くので、Intel virtual technologyをenabledに変更すればOKです。

ただ、上記設定後に、再度puttyにて接続トライを行ったのですが、まだNetwork errorが出てしまいます。

そのため、6つ目のセキュリティソフトが通信を遮断していませんか?という項目に原因があると考えました。

自分の場合は、NTTのセキュリティ対策ツールを使っているので、以下のように例外設定にて、vagrantやputty、virtualboxをスキャンの監視対象から除外。

これで再度puttyから仮想マシンにアクセスすると、ようやくログインに成功しました!

ログイン時にパスワードは表示されないので、打ち間違いのないようご注意ください。

最後に、自分はPCやセキュリティ、ネットワークのリテラシーが低いので、今回のように環境構築で躓くことが多いですね。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。