ブログ運営

記事タイトル作成における4つの重要ポイントを解説

こんにちは、ユウトです。

今回は、記事タイトルの作成方法についてまとめておきます。

記事タイトルが検索ユーザーに与える効果

まず、検索結果に並んでいる各ページにおいて、記事タイトルに検索キーワードがすべて入っているページは、検索ユーザーからクリックされやすくなります。

清原和博 彼女

上の画像のオレンジ枠で示したように、タイトル中の検索キーワードは太字で表示されるので、ユーザーの視覚に訴える効果があります。

赤線で示したように、記事本文に検索キーワードが含まれている場合も太字で表示されますが、タイトルの方が文字サイズも大きく、目に留まりやすいので、明らかに目立ちます。

よって、検索キーワードがタイトル中にすべて盛り込まれていると、検索ユーザーから「自分が探している情報が書かれているのではないか」と判断されやすいのです。

 

そのため、記事タイトルには、上位表示を狙う複合キーワードをすべて盛り込むことが大切だと言えます。

 

記事タイトルのSEOへの影響

クローラー(記事を検索エンジンに登録されるプログラム)は、投稿された記事の記事タイトルや記事本文の内容をチェックし、その記事を検索結果にインデックスさせます。

このとき、記事本文に書かれている検索キーワードよりも、記事タイトルに含まれている検索キーワードが重要視される傾向があります。

例えば、「清原和博 彼女」という検索キーワードで上位表示を狙う場合、記事本文のみに検索キーワードが入っているページよりも、記事タイトルに検索キーワードがすべて含まれているページの方が上位表示されやすいのです。

清原和博 彼女

つまり、上位表示を狙う複合キーワードは、記事タイトルにすべて盛り込まなければなりません。

 

記事タイトルの作成方法

記事タイトルを作成する際には、以下の4つのポイントに注意してください。

  1. 検索キーワードをできるだけ左に寄せる
  2. キーワードの優先順位を決める
  3. タイトルの文字数は全角32文字位内
  4. タイトルに単語をつめ込まない

それでは、順番に説明していきます。

1.検索キーワードをできるだけ左に寄せる

クローラーは、記事タイトルに含まれている単語のうち、より左側に位置しているものを重要視すると言われています。

そのため、タイトルを作成する際には、上位表示させたいキーワードをできるだけ左に寄せて配置することが重要なのです。

例えば、「清原和博 彼女」という複合キーワードで上位表示を狙う場合、これらの2語キーワードをできるだけ左に寄せて配置させましょう。

 

☓:失職状態の清原和博が彼女と同棲中!

◯:清原和博が彼女と同棲中!

 

最初の記事タイトルでは、クローラーから「失職状態」という単語が、タイトルの中で最も重要だとみなされてしまいます。

メインキーワードの前に余計な単語を入れないようにしましょう。

 

基本的には、メインキーワードを左端に配置するようにしてください。

2.キーワードの優先順位を決める

2組以上の複合キーワードを記事タイトルに含める場合は、より上位表示させやすい複合キーワードを左に配置します。

例えば、「清原和博 彼女」に続く、3語の虫眼鏡キーワードで記事タイトルを作成する場合を想定します。

清原和博 彼女  

そして、3語の虫眼鏡キーワードをライバルチェックしたところ、上の画像の赤枠で囲んで2組の虫眼鏡キーワードで上位表示できると判断しました。

ここで、「清原和博 彼女 ホステス」という3語キーワードでは、検索結果の3位に、「清原和博 彼女 女子アナ」では、検索結果の9位に入れると判断したとします。

 

その場合、「清原和博 彼女 ホステス」という3語キーワードの方が、より高い順位に表示されるため、より多くのアクセスを集めてくれることが期待できます。

そのため、「清原和博 彼女 ホステス」という3語キーワードを優先させて、「清原和博 彼女 女子アナ」より左に寄せて配置させます。

 

【タイトル例】

清原和博彼女ホステス?女子アナとの噂もあるが…

 

清原

 

このように、「清原和博 彼女 ホステス」という3語を左から順番に配置させ、ホステスという単語を女子アナよりも左に寄せます。

2組の複合キーワードを同時に記事タイトルに入れる場合は、より上位表示しやすく、アクセスを集めやすい方を優先させましょう。

また、先に説明したように、検索キーワードの前に余計な単語を入れるとSEO効果が落ちるので、注意してください。

 

今回の場合だと、清原和博、彼女、ホステス、女子アナの順番に単語を配置し、これらの4語の前に不要な単語を入れてはいけません。

 

3.タイトルの文字数は全角32文字位内

タイトル文の文字数は、全角で32文字以内におさめるようにしましょう。32文字以降の文字は、検索結果に反映されません。

32文字

上の画像の赤線で示したように、32文字以降は、「…」と表示され、ユーザーが認識することができません。

 

4.タイトルに単語をつめ込まない

上位表示させたいキーワードが複数あるからといって、タイトルに単語をつめ込まないように注意してください。

 

清原和博の彼女はホステス?女子アナ?ハーフ美女?歴代彼女をまとめてみた!

 

この記事タイトルは、以下のような複合キーワードでの上位表示を狙っています。

  • 清原和博 彼女 ホステス
  • 清原和博 彼女 女子アナ
  • 清原和博 彼女 ハーフ
  • 清原和博 彼女 歴代
キーワード詰め込み

 

複合キーワードのペアを記事タイトルにたくさん盛り込もうとすると、明らかに日本語の文章として不自然なものとなります。

 

清原和博の彼女はホステス?女子アナ?ハーフ美女?歴代彼女をまとめてみた!

 

そのため、基本的には記事タイトルに入れて良い複合キーワードのペア数は2組までとしてください。

例えば、「清原和博 彼女 ホステス」、「清原和博 彼女 女子アナ」の2組の複合キーワードで記事タイトルを作成するなら、先に説明したように、以下のようなタイトルとなります。

【タイトル例】

清原和博の彼女はホステス?女子アナとの噂もあるが…

 

日本語の文章として自然なものでれば、3組の複合キーワードを記事タイトルに入れても構いませんが、たいていは3組以上を入れると、不自然な文章になりやすいので注意してください。

まとめ

記事タイトルを作成する際には、次の4つのポイントに注意してください。

  1. 検索キーワードをできるだけ左に寄せる
  2. キーワードの優先順位を決める
  3. タイトルの文字数は全角32文字位内
  4. タイトルに単語をつめ込まない

アドセンスブログでは、ネタ選定からタイトル付けまでの工程で、アクセスが集まるかどうかがほとんど決まってしまいます。

そのため、これら一連の工程は手を抜かずに、丁寧に行ないましょう。

最後に

私のメール講座では、記事タイトル作成に関して、以下のような情報を提供しています。

  • 記事タイトルで差別化し、グーグルの手動ペナルティを受けにくくする方法
  • ユーザーから記事をクリックされやすくする方法
  • 絶対にやってはいけない記事タイトルの付け方
    etc

記事タイトルの作成法について、より詳細な情報を知りたい方は、私のメルマガに登録してください。

以下のバナーより、メール講座に登録できます。

最後に

私が検証したところによると、アドセンス広告のクリック率は、広告の配置よりも、記事内容によって大きく変わるという結果が出ています。

初期の頃は、広告の配置について様々な検証を行ったのですが、クリック率はそれほど向上しませんでした。

しかし、検証から導き出された3つのポイントを意識して、記事を作成するようにしたところ、それまで0.8~0.9%程度だったクリック率が1.3~1.5%にまで改善したのです。

 

その後も、クリック率を高める記事の書き方について検証を重ねた結果、私が運営するブログのアドセンス広告のクリック率は、1.5~2%で落ち着き、常に安定したクリック率をキープしています。

クリック率を改善させる方法については、私のメール講座にて解説しているので、アドセンス広告のクリック率が、1%を切っているような人は、ぜひ私のメルマガを読んでみてください。

私のメール講座には、以下のバナーより登録できます。