2018年1月5日 ドル円の最新予想や見通し、昨日の反省

ドル円の相場分析ついてまとめておきます。

相場分析

週足

陽線をつけているので、高値更新に向かうかも。

 

日足

112付近の安値更新に向かう流れがまだ優勢と考える。

レジされたので、陰線をつけ始めたら、日足レベルの戻り売りが入るはず。

 

4h

下落の波を一つ崩したことで、昨日は押し目買いが入った。

日足の背景が売り優勢なので、A字のような下落が起きると思っていたが、予想が外れた。

4hレベルでダウの下落波を崩してきたら、いったんは押し目買いを受ける可能性が高いのではないか。

 

直近では2つ目の下落波でレジされている。

日足でもレジされていて、背景は売り優勢なので、4hでサポ下抜けたり、上昇失敗すれば、売りで攻める。

日足、4hがともに陰線になれば、日足の背景同調と考えて売りやすい。

 

1h

 

4h同様に、2つ目の下落波でレジされている。

直近ではサポが不明確。

売るにしても、買うにしても攻防をはっきりと見たいところ。

 

 

今日のトレード戦略

日足の背景は売り優勢で、レジされているので、陰線つけ始めたところで売りたい。

買いは日足のレジに逆らうものであり、日足背景に対しても逆張りになるので、リスクは高い。

1hで買う場合は、売り買いの攻防を見つつ、ロット半分。

 

 

 

昨日のトレード反省

 

4hでサポされており、押し目買い入る可能性あったが、1hではレジされて高値更新に向かう動きから、次のサポまで下落する動きになったと判断して売り。

4hの押し目買いに飲み込まれて損切り-10

 

 

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ