ドル円の最新予想と見通し2017年12月22日、今日の振り返りも解説

まずは12/22の振り返りから。

 

今日は反省の多い日だった。

まず日足は昨日レジされて止められ、最終レジから売りが入って引けた。

日足では、そもそも高値更新を狙った押し目買いが続いていたが、安値も抜けているので最終レジから売りが継続してもおかしくない。

 

つまり、22日は日足陽線高値更新の可能性もあったし、陰線をつけて売りが入る可能性もあり、どちらか判断がつかなかった。

4h足では、最終レジで止められ、いったん浅い押し目買いが入るもののレジ突破できず、深い押しが入っている最中だった。

4hがレジで止められているし、日足もどっちつかずなので、日足、4hだけだと判断が難しい。

 

そこで、1hをチェックすると、直近上昇波の最終サポから買い入るも、上げられないサインが出ていたので、ロット半分で慎重に売った。

日足も4hも分かりにくいし、1hの次のサポまでもそれほど距離がないので、自信はあまりない。

しばらく放置していると、1hでは次のサポまで下げると言っているのに、なかなか下がらない。

 

4hではサポを確認する動きになり、1h以下の足では安値を切り上げ始めたので、明らかにおかしいと気づく。

そして、MT4時間の8:00の陽線で、1hの次のレジまで向かうと判断し、すぐに買いを入れた。

といっても、次のレジまでの距離も近いので、やはりロットは半分。

 

次のレジはすぐに抜けると思っていたが、1hでレジされた。

そして、売りが入って、建値撤退。

1hでは下がれない、サポを確認する動きからの上昇なので、当然目指すは高値更新。

 

次の113.40付近のレジは確かにそこそこ強いが、ここはすんなり突破していかなければならないはず。

にもかかわらず、売りが入ってきたので、違和感を感じて撤退。

4hを見ると、単に直近のレジで止められただけなのだが。

 

その後、再度足場を固める動きが出て、高値更新のサインが出たので、最後の買いを入れた。

しかし、まったサポを確認するような売りが入ってきたので、-3pipsほどで撤退。

 

今日が金曜でなければ保有してもよかったが、夜中にずっと起きているのは面倒なので、トレード終了した。

 

来週の展望だが、4hでレジを突破してきたら、日足高値更新と考えていいのではないかと思う。

ただし、4hでレジされたら、浅いところからの高値更新失敗で、4hでは直近安値抜けると考えられる。

つまり、この場合は月曜に陰線をつけるはず。

 

反対に4hレジを抜けてきた、もしくは1hレジを突破してきたら、日足陽線と考えて買いで向っていく。

いずれにせよ、年末だし、突発的な動きや、低ボラティリティに注意が必要。

 

今日は反省の多い日だった。

日足や4hが分かりにくいときは、トレードしない方がいいと感じている。

今日は-10pipsくらい。

 

おそらく日足や4hの背景を読み間違えていたのだと思う。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ