ドル円考察12月21日

最初の買いは、すぐ上に日足、4h,1hのレジがあるが、リスクリワードレシオがまずまずなので、買ってみた。

当然次のレジで利確。

日足で陽線つけると決めつけて買いを保有したとしてもストップは建値。

 

次の買いは、日足、4hでレジされているが、1hで高値更新するとのことなので、買うしかない。

-10pips。

この負けはルール通りなので仕方ない。

トレンドフォローは、最後は必ず負けるが、上に行くと言う以上はついていくしかない。

 

ただし、日足4hで強いレジに止められていたので、ロットを下げてもよかったかも。

ここはルールづくりが必要。

 

最後の売りは、1hサポ下抜けして、リスクリワードレシオが有利なところまで戻してきたので、ロット少なめで売った。

ただし、売った瞬間は日足4hで陽線つけているところなので、リスクは高い。

さらに、サポ1本抜け期待しているのでその分も不利になる。

 

よって、10pipsほど利益がのったところで当然建値に移動。

サポまでの押しを狙った売りなので、本来はやらなくてもいい。

4h,1hの押し目買いが入ってきても文句は言えない状況。

 

ストップ建値なので、あとは放置で様子見。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ