グーグル2月アップデートの影響について(備忘録)

こんにちは、ユウトです。

今回は、2月3日に実施されたグーグルの日本語検索のアップデートにおいて、私の所有する4つのアドセンスサイトへの影響を簡単にまとめておきます。

備忘録用なので乱文をお許し下さい。

 

私は、いわゆるごちゃまぜブログと呼ばれるものを2つ、特化ブログを2つ所有しています。

まずは、ごちゃまぜブログの収益への影響について説明します。

 

ごちゃまぜブログへのアップデートの影響について

結論から言うと、収益はアップデート前とほとんど変わらなかったです。

ごちゃまぜブログについては、初期に作成した低品質な芸能記事などの順位は大幅に低下しました。

しかし、現在では、芸能記事からの収益は微々たるものなので、ダメージはほとんどありませんでした。

早めに、お役立ち記事を増やしておいてよかったと思っています。

 

ごちゃまぜブログでは、自分で自信を持って質がよいと言える記事については、アップデート前より順位が少し上がっていたものがありました。

ただし、先の低品質なコンテンツ以外の記事順位は、ほとんど変わっていません。

そのため、私のサイトへのアップデートの影響は小さかったものと考えています。

 

特化への影響について

特化サイトについても、順位や収益への影響はほぼありませんでした。

 

 

アップデート後の検索結果を見て感じたこと

私自身、現在でもアドセンスサイトに記事を投稿しているので、ライバルチェックする際に、検索結果に上位表示されているサイトの中身を分析することがあります。

その際、検索結果に上位表示されているサイトを見て思ったのは、比較的信頼性の高いサイト、専門性の高いサイトがより上位に表示されるようになったなと感じています。

かつては、2013~2014年頃に立ち上げられたドメインエイジの長いごちゃまぜブログが、お役立ちキーワードの上位を牛耳っていました。

 

しかし、最近では、ドメインエイジが長く、記事に大量のアクセスを集めているものでも、低品質なものは順位が下降傾向にあると考えています。

これは、私のサイトにある記事も同じです。

 

今後のブログの運営方針

2月のグーグルのアップデートは、信頼性の低い記事を量産したことで問題になったウェルクに端を発っしていると考えられるので、今後は個人のブログ運営者も記事の信頼性をいかに確保していくかが問題になってくると思われます。

信頼性、正確性が重要視される病気・医療・健康などの分野のブログ運営者は特に。

また、これまで同様に、独自性やライバルサイトとの差別も、より高いレベルが要求されてくるでしょう。

これまでのように、ネット上の情報を寄せ集めて、自分の言葉でまとめるというスタンスでは、上位表示するのが難しくなるのではないでしょうか。

 

そのため、今後新たにブログを立ち上げる場合は、あるジャンルに特化し、まずはそのジャンルの専門知識をしっかりとインプットしたうえで、自分の頭の中の情報や経験、ノウハウ、体験談などをうまく組み合わせて、本当の意味でのオリジナルのコンテンツを作成していくことが重要だと考えています。

私自身も特化ブログを運営しながら、日々記事の試行錯誤を行っているので、新たな気づきや発見があれば、また報告します。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ