ミドルレンジネタは年号の入ったキーワードが狙い目

こんにちは、ユウトです。

今回は、ミドルレンジネタを活用して、アクセスを集める方法について説明します。

 

まず、タイトルの通り、ミドルレンジネタについては、年号の入ったキーワードが上位表示させやすく、狙い目となります。

年号が入ったミドルキーワードというのは、例えば次のようなものです。

  • 鏡開き 2017 東京
  • 恵方巻き 方角 2017
  • 潮干狩り 時期 2017

 

ミドルレンジキーワードは、ロングレンジよりも上位表示させやすいことは周知の事実ですが、ミドルの中でも年号が入ったキーワードは、立ち上げ初期のSEOの弱いブログでも上位表示できることが多いです。

ただし、ミドルの場合、そのキーワードの検索需要が上昇し始める3ヶ月前には、記事を仕込んでおく必要があります。

以前、こちらの記事でも説明しましたが、ミドルネタは上位表示されるまでに早くて数ヶ月、通常は3~4ヶ月ほどかかることが多いからです。

 

ライバルが非常に弱いキーワードを見つけることができれば、数日で上位表示できることもありますが、ミドルやロングの場合、数ヶ月は検索順位が大きく変動することがあるので、注意しなければなりません。

例えば、私の場合だと、投稿直後は上位表示されたものの、1週間も経たないうちに、圏外に飛ばされ、2ヶ月後くらいに再び上位表示されるということもありました。

その後は順位は安定しています。

よって、上位表示された後、安定して順位がキープされる状態になるまでには、ある程度時間がかかると考えておいた方がよいです。

 

次に、年号の入ったミドルレンジキーワードで上位表示させるコツとしては、次の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

  • 特化ブログや大手サイトなどが上位に入り込んでいないキーワードを選ぶ
  • まずは上位表示されているサイトの情報をすべて網羅する
  • 文字数は最低でも3000文字以上とする

 

まず、年号入りのミドルレンジキーワードが上位表示させやすいとはいっても、特化ブログや大手サイトが上位を独占しているようなキーワードは上位表示が困難なことが多いので避けた方がよいです。

ごちゃまぜブログやトレンドブログが多くランクしているキーワードを選ぶようにしましょう。

 

次に、上位表示されたサイトは、すでに検索エンジンから評価を受けているわけですから、そこに書かれている情報はユーザーに役立つと判断されたということです。

そのため、まずは上位表示されたサイトの記事の切り口や提供している情報を参考にして、必要な情報をすべて網羅させた記事にしましょう。

このとき、知恵袋などの質問サイトでキーワードを調べると、よりユーザーのニーズにマッチした記事を作成できます。

 

最後に、文字数についてですが、最低でも3000文字以上は必要だと考えています。

これまでに自分が投稿した記事の中で、上位表示を勝ち取っているのは、3000~5000文字くらいの記事が多いです。

ライバルの弱いキーワードだと、2000文字くらいで上位表示できることもありますが、半年も経てばライバルが増えてくるので、質の低いコンテンツだと順位が徐々に下がってきます。

そのため、追記していく必要があり、現時点で私のブログで上位表示をキープしているものの多くは3000文字以上です。

 

そもそも、必要な情報を網羅させ、なおかつライバルよりも詳しく、丁寧に、分かりやすく説明しようとすると、どうしても文字数が多くなります。

あまりに文字数が多いと、ユーザーの負担になるので、別に記事を作成して、内部リンクで飛ばすなどの対策は必要になりますが、3000文字くらいであれば、それほど苦なく読める量なので、途中離脱される可能性は低いと考えています。

 

もちろん、文字数が多くても、ユーザーにとって不必要な情報が多かったり、単に文字数を増やすために情報を羅列しただけだと、途中でページを閉じられる可能性は高くなり、滞在時間が短くなるので、記事の評価が悪くなる可能性はあります。

 

さて、最後に、今回の記事のポイントについてまとめておきます。

まず、思うようにアクセスを集められない場合は、年号の入ったミドルレンジキーワードを狙ってみてください。

話題になる3ヶ月前に記事を仕込んでおくことで、良い結果が得られるでしょう。

 

その際、以下の3つの点に気をつけてください。

 

  • 特化ブログや大手サイトなどが上位に入り込んでいないキーワードを選ぶ
  • まずは上位表示されているサイトの情報をすべて網羅する
  • 文字数は最低でも3000文字以上とする

ライバルが弱いキーワードにて、ライバルを圧倒するコンテンツを提供することが、アクセスを集めるコツです。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ