ショートレンジキーワードを記事にするときの注意点

こんにちは、ユウトです。

今回は、ショートレンジキーワード(速報ニュース)を記事ネタにする際の注意点について説明します。

速報ネタを記事にする際の注意点

速報ニュースのようなショートレンジネタを記事にする場合、ニュースが報じられてから、できるだけ早く記事を投稿することが重要となります。

ヤフートップにニュースが掲載されると、すぐに検索数が急増しますが、ニュースによっては、検索数の高い状態が1日も続かないような短命なものもあります。

例えば、小さな事件・事故、有名人の訃報、番組降板、入院、病気などがこれにあたります。

 

このような検索寿命の短いニュースは、できるだけ早く記事を投稿しないと、狙ったキーワードで上位表示できたとしても、すでに検索需要のピークが過ぎた後では、アクセスを集めることはできません。

 

もちろん、連日報道されるようなビッグニュースは例外です。

SMAP解散騒動、ベッキーの不倫、清原のクスリ所持などの有名人のビッグスキャンダルについては、ワイドショーなどでしばらく取り上げられるため、数週間から1ヶ月くらいは話題になります。

そのため、記事を投稿するのが遅れても、検索需要の高い状態が続いているうちは、上位表示できれば、アクセスを爆発させることが可能です。

 

ただ、いずれにせよ、早く記事を書くにこしたことはありません。

特に、虫眼鏡キーワードのように、誰でも簡単に見つけられるキーワードを選ぶ場合は、ニュースが報じられると、ライバルたちがこぞって記事を書き始めるので、そのキーワードはレッドオーシャンとなり、上位表示させにくくなります。

虫眼鏡キーワードでアクセスの爆発を起こしたいのであれば、ヤフーにニュースが掲載されてから1時間以内には記事を投稿したいところです。

 

まとめ

ショートレンジネタを記事にしてアクセスを集めるためには、ニュースが報じられてからできるだけ早く記事を作成する必要があります。

虫眼鏡キーワードでアクセスの爆発を起こしたいなら、ヤフーにニュースが掲載されてから遅くとも1時間以内に記事をインデックスさせましょう。

 

ただ、そうは言っても、サラリーマンや主婦の方などは、忙しくて頻繁にヤフーをチェックすることは難しいです。

そのような方は連想キーワードで記事を書くことで、ヤフーにニュースが掲載されてから長時間が経過していてもアクセスを爆発させることができます。

これは、連想キーワードが、ライバル不在で、なおかつ検索需要の高いキーワードだからです。

 

連想キーワードは、ユーザーが実際に検索エンジンの検索ボックスに打ち込むキーワードなので、検索需要は高いです。

さらに、連想キーワードは虫眼鏡キーワードと異なり、誰でも簡単に見つけることはできないので、ニュースが報じられてから時間が経過しても、ライバル不在のままであることが多いのです。

 

よって、正しい連想キーワードを選定できるようになると、狙ったタイミングでアクセスを爆発させることが可能となります。

ビッグニュースで連想キーワードを当てられると、このようにアクセスが大爆発します。

fsfa

ライバルが不在で、検索需要が高いので、このように意図的に大量のアクセスを集めることが可能なのです。

連想キーワードを選定する方法については、私のメール講座にて解説しているので、連想キーワードでアクセスの爆発を起こしたいと考えている方は、メルマガに登録してください。



One Response to “ショートレンジキーワードを記事にするときの注意点”

  1. […] ショートレンジキーワードを記事にするときの注意点 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ