記事作成の流れを解説!7つのステップを理解しよう

こんにちは、ユウトです。

今回は、アドセンスブログを立ち上げた方に向けて、記事作成の流れについて説明します。

記事作成の流れ

まず、ブログ記事は以下の手順で作成していきます。

  1. ネタ選定(記事にするネタを選ぶ)
  2. キーワード選定(どのキーワードに関して記事を書くのか決める)
  3. ライバルチェック(記事を上位表示できるのか判断する)
  4. 記事タイトル作成
  5. 記事本文作成
  6. 記事投稿
  7. 記事を検索エンジンにインデックスさせる

では、各項目について順番に説明していきます。

1.ネタ選定

記事ネタ

ネタ選定とは、記事に書くネタ(話題)を選ぶことです。

例えば、yahooのトップページで紹介されているトピック、現在放送中のドラマ、バラエティ番組、季節の行事やイベント、スポーツなど様々な話題を記事ネタにすることができます。

基本的には、どんなネタを選んでも良いのですが、1点だけ注意点があります。

 

アドセンスブログで記事にするネタを選ぶ際には、「多くの人々が興味を持って検索する事柄」を選ぶ必要があります。

というのも、アドセンスで稼ぐためには、自分の書いた記事を多くのユーザーに読んでもらわなければなりません。

そのため、多くの人が興味を持って検索をかけるネタでないと、ブログにアクセスが集まらないので稼げないのです。

 

ネタ選定のやり方については、別の記事で詳細に説明するので、ここでは、「ブログ記事のネタ選定では、多くの人々が興味を持って検索する事柄を選ぶことが大切だ」と覚えておいてください。

2.キーワード選定

ベッキー

ネタ選定で記事にする話題が決まったら、次は記事タイトルを作成するために必要なキーワード選定を行ないます。

キーワード選定とは、どんな切り口で記事を書くのかを決めることにあたります。

例えば、ネタ選定にて「ベッキーと川谷絵音の不倫」のニュースを選び、このニュースを受けて検索されそうな事柄を記事にするとします。

 

この場合、まずはベッキーと川谷絵音、どちらの人物に焦点を当てるのか、具体的にどんな切り口で記事を書くのかを決めなければなりません。

仮に、ベッキーについて記事を書くなら、以下のような切り口とキーワードの組み合わせが考えられます。

  • ベッキーは、現在何をしているのかな?
    →ベッキー 現在
  • ベッキーの流出したLINEの内容が知りたい。
    →ベッキー LINE
  • ベッキーが川谷絵音の妻に宛てて書いた手紙の内容が知りたい。
    →ベッキー 手紙 内容
  • ベッキーっていつ復帰するのかな?
    →ベッキー 復帰 いつ
  • そういえば、ベッキーの家族ってどんな人なんだろう?
    →ベッキー 妹
    etc

謹慎中のベッキーが今何をしているのか気になる人は、「ベッキー 現在」というキーワードの組み合わせで検索をかけてくるので、この2語キーワードで記事タイトルを作り、記事を構築することとなります。

ベッキーについて記事にするにしても、様々な切り口が考えられ、それによって選ぶキーワードも異なります。

以上から、キーワード選定は、記事の切り口を決める作業と言えます。

 

キーワード選定については、別の記事で詳細に説明するので、ここでは「キーワード選定とは、どんな切り口で記事を書くのかを決める作業だ」と覚えておいてください。

 3.ライバルチェック

ライバル

キーワード選定にて、記事の切り口となる複合キーワードを決めたら、次はそのキーワードで検索結果に上位表示できるのかを判断するために、ライバルチェックを行ないます。

そもそも、どんなに素晴らしい記事を書いたとしても、検索結果の1ページ目に表示されないと、多くのユーザーの目に触れることなく、ネットに埋没してしまいます。

そこで、自分が選んだ複合キーワードで記事を書いた場合に、本当に上位表示が可能なのかをいくつかのモノサシを用いて、出来る限り客観的に判断していくことが大切なのです。

 

ここで、ライバルというのは、上の画像の赤点線で囲んだように、検索結果の1ページ目に表示されているブログやサイトなどのことを指します。

ライバルチェックについても、別の記事で詳細に説明するので、ここでは「選定した複合キーワードで検索結果に上位表示できるのかを判断する作業がライバルチェックだ」と覚えておいてください。

4.記事タイトル作成

ベッキー 記事タイトル

ライバルチェックにより、上位表示を狙える複合キーワードが決まったら、次は記事タイトルを作成します。

例えば、先のベッキーの不倫ニュースにて、「ベッキー 復帰 いつ」という3語の複合キーワードで記事を書くと決めたなら、次のようなタイトルが考えられます。

<タイトル例>

ベッキーの復帰はいつになるのか?イッテQでの復帰が待たれる!

 

ベッキーの復帰

 

記事タイトルを作成する際にも、いくつかルールがありますが、詳細は別の記事で説明します。

5.記事本文作成

記事タイトルが完成したら、次は記事本文を作成していきます。

記事本文では、検索者の疑問にきちんと回答することが重要であり、結論先行で文章を構成していきましょう。

例えば、以下のような記事タイトルであれば、ベッキーが復帰するであろう時期について、「ベッキーが復帰するのは、今年の秋頃になると考えられます。」というように、最初に結論を述べてしまうのです。

 

<記事本文の例>

 ベッキー 記事本文

 

「ベッキー 復帰 いつ」で検索をかけている人は、ベッキーが復帰するであろう時期について具体的に知りたいからわざわざ検索しているわけですから、先に検索者の疑問にビシっと回答してあげましょう。

結論を述べたうえで、その根拠となる情報を提供したり、自分なりの考えを述べていき、読者を納得させるのです。

記事本文の書き方については、別の記事にて詳細に説明するので、ここではアドセンスブログの記事は、結論先行で書いていくことが重要だと認識しておいてください。

 

6.記事投稿

記事本文を作成できたら、ワードプレス記事作成画面の公開ボタンをクリックして、すぐに記事を投稿しましょう。

記事投稿

 

7.記事を検索エンジンにインデックス(登録)させる

記事を投稿してもすぐに検索結果に自分の記事が反映されるわけではありません。

ソネットブログなどの無料ブログを運営している場合は、記事数が少ない初期の状態でも、すぐに検索結果に自分の記事がインデックスされるのですが、ワードプレスブログではそうはいきません。

そこで、ウェブマスターツールのfetch as googleという機能を用いて、検索エンジンに素早く記事を登録させるよう促す必要があります。

ここの説明は長くなるので別の記事に譲ることとします。

まとめ

本記事では、記事を作成する流れについて説明しました。

もう一度、記事作成の手順を確認しておいてください。

  1. ネタ選定(記事にするネタを選ぶ)
  2. キーワード選定(どのキーワードに関して記事を書くのか決める)
  3. ライバルチェック(記事を上位表示できるのか判断する)
  4. 記事タイトル作成
  5. 記事本文作成
  6. 記事投稿
  7. 記事を検索エンジンにインデックスさせる

細かいルールなどは、別の記事で詳細に説明するので、この記事では、上記の流れを理解しておいてください。

最後に

「記事を30分で書くコツ」など、記事作成の具体的なノウハウについては、私のメール講座にて説明しています。

  • 1記事書くのに1時間以上かかってしまう
  • ネタ選定から記事投稿までを1時間以内で終えられない

このような方は、ぜひ私のメルマガにご登録ください。

ネタ選定から記事作成までの時間を大幅に短縮させるためのノウハウを提供します。



One Response to “記事作成の流れを解説!7つのステップを理解しよう”

  1. […] 稼ぐためのFirst Step 記事作成の流れを解説 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ