Lazy Loadの設定手順

こんにちは、ユウトです。

今回は、Lazy Loadの設定手順について解説します。

 

まずは、Lazy Loadをインストールして、プラグインを有効化させます。

1

2

続いて、プラグイン一覧から、Lazy Loadの編集ボタンをクリックします。

3

そして、以下のように右のプラグインファイルの欄からLazy-load/js/lazy-load.jsを選択します。

赤線で示したdistance: 200をdistance: 400に変更してください。

4

distanceが200のままだと、画面下部にある200pxを読み込む設定となっているので、少し早くスクロールすると、画面がチカチカした表示となってしまいます。

そこで、余裕を持って画像を読みこませるためには、400から500くらいが最適なので、今回は400としました。

変更が完了したら、ファイルを更新ボタンをクリックします。

5

これで、設定は完了しました。お疲れ様でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ