All In One SEO Packの設定方法と使い方を解説

こんにちは、ユウトです。

今回は、All In One SEO Packの設定方法と使い方について説明します。

設定方法

まずは、ワードプレスの管理画面にログインし、左のメニューからプラグインを開き、プラグインの新規追加からAll In One SEO Packをインストールしてください。

 1

 

 続いて、プラグインを有効化します。

 2

次に、再びプラグイン一覧のページに戻り、All In One SEO PackのSEO settingsをクリックします。

 3

すると、以下のようなページが表示されるので、上の項目から順番に設定を行っていきます。

 4

まず、general settingsでは、特に変更するところはありませんが、以下のようにcanonical URLsにチェックが入っているのを確認してください。

canonical URLsは、重複コンテンツの防止が目的であり、必ずチェックを入れておく必要があります。

 5general settings

次に、home page settingsでは、以下のようにホームタイトルの欄にはブログタイトルを、ホーム詳細の欄にはブログ説明文を、ホームキーワードの欄には上位表示させたいキーワードをそれぞれ入力します。

 6home page settings

keyword settingsでは、『メタキーワードとしてカテゴリを使う』、『メタキーワードとしてタグを使う』、『動的に投稿ページのキーワードを生成する』という3つの項目にチェックが入っていると、各記事においてメタキーワードが自動生成されてしまうので、すべてチェックを外しておきましょう。

キーワードは、記事毎に手動で設定していきます。

 7keyword settings

ここから、title settings、Custom Post Type Settings、Display Settings、Webmaster Verification、Google Settingsでは、特に変更する項目はなく、初期設定の状態で問題ありません。

 8title settings

9custom post type settings

10display settings

11webmaster verification

12google settings

次に、Noindex Settingsでは、以下の4つの項目にチェックを入れてください。

 13noindex settings 2

最後に、Advanced Settingsでは、「詳細を自動設定」にチェックを入れておくことで、自動で記事本文からディスクリプションを生成してくれます。

便利な機能なので、必ずチェックを入れておいてください。

adcanced settings

使い方

ワードプレス管理画面から投稿を開き、記事を作成します。

記事投稿

そして、以下のようにall in one seo packの設定を行っていきます。記事タイトルと上位表示させたいキーワードを入力してください。

キーワードが複数ある場合は、コンマで区切ります。

使い方

ここで、descriptionの項目についてですが、先ほどのAdvanced Settingsにおいて、「詳細を自動設定」にチェックを入れておくことで、descriptionが自動生成されます。

よって、descriptionの項目は入力不要です。

最後に、記事を更新すれば完了です。



One Response to “All In One SEO Packの設定方法と使い方を解説”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ