レゴ投資とは?メリットとデメリットを解説

こんにちは、ユウトです。

今回は、アメリカを中心に話題となっている「レゴ投資」について、メリットやデメリットをまとめておきます。

レゴ投資とは?

レゴ投資はレゴ転売とも言われており、LEGO商品を購入しておき、値上がりしたところで売るという投資手法です。

LEGOは、子供向け玩具ですが、アート作品として大人からも人気が高く、世界中に熱狂的なコレクターが存在すると言われています。

そのため、希少性の高いLEGOブロックは、発売から年月が経つと、もとの販売価格の何十倍にも爆騰する可能性を秘めているのです。

 

例えば、2007年に発売されたスター・ウォーズのLEGO宇宙船「ミレニアム・ファルコン」は、定価500ドル(1ドル120円換算で6万円)が、今では約20倍の値(約120万円)で取引されています。

レゴ スター・ウォーズ

出典:http://nikkan-spa.jp/1023599/06-56

そのため、LEGOは株やゴールドよりも値上がり率が高く、世界中にコアなファンを抱えているので、安定した需要があり、比較的安全な投資対象であるというメリットがあります。

レゴ投資で稼ぐ方法

レゴ投資は、値上がり率が高いと説明しましたが、すべてのLEGOが高い値で取引されるわけではありません。

基本的には、希少性の高い商品が狙い目であり、箱に書かれている商品番号が4ケタ以下の古いLEGOがおすすめです。

古いLEGOの中で、まだプレミア価格がついていない商品は、今後需要拡大にともない、値上がりする可能性があります。

 

また、映画とコラボしたLEGOはプレミア化しやすいとされています。

例えば、先に紹介したスター・ウォーズだけでなく、ハリー・ポッター、ロード・オブ・ザ・リング、スパイダーマンなど全世界にファンを持つ映画とのコラボは、レゴマニアだけでなく、映画ファンを取り込めるため、値上がりしやすいのです。

ハリー・ポッターとコラボしたLEGO「ホグワーツ特急」は、2004年発売時の定価の10倍超えにまで高騰し、現在は約30万円で取引されています。

 

他に、最近人気が高まっている商品としては、「モジュラー・ビルディング」と呼ばれるLEGOシリーズが挙げられます。これは、有名な街角にある建物の内部を忠実かつ精密に再現しており、もはや子ども向け玩具のクオリティを凌駕していると話題になっています。

例えば、2007年に発売された「カフェコーナー」は、当初の2万3100円から爆騰し、現在は40万円まで値を上げています。

LEGO カフェコーナー

出典:http://shop.brickle.jp/?pid=9770695

 

また、「モジュラー・ビルディング」とともに、人気を集めているのがアーキテクチャーシリーズです。

これは、帝国ホテルや落水荘など有名な建築物をレゴで再現しており、高品質レゴとして、レゴマニアだけでなく、建築マニアからも高く評価されています。

LEGO 帝国ホテル

出典:http://matome.naver.jp/odai/2135916227755559501

レゴ投資の落とし穴

さて、レゴ投資では、将来値上がりすると予想される商品を購入し、後は押入れで寝かせておき、プレミア化したところで、売り抜けることとなります。

ただし、本記事で紹介した人気のLEGO、例えば映画コラボしたものや「モジュラー・ビルディング」、「アーキテクチャー」などは、そこそこの値段であるため、値上がりしなかったときのダメージは大きいのです。

例えば、「モジュラー・ビルディング」シリーズでは、2016年2月に「ブリックバンク」が発売されますが、定価は39800円と比較的高価と言えます。

もちろん、LEGOはマニアの数が多く、需要が高いため、不良債権化するリスクは低いと考えられますが、いずれにせよ値上がりしなければ、利益にはなりません。

 

さらに、LEGOは中古品ではプレミアがつかないので、購入しても組み立てて遊ぶことができないのです。そのため、投資目的で、初心者がいきなり高価なLEGOをたくさん購入することはおすすめしません。

それよりも、トイザらスや西友などで販売される限定LEGOの方が、ローリスクハイリターンが見込めます。というのも、これらのお店で販売される限定モデルは、数千円で購入することができ、「限定」であるため、プレミアがつきやすいのです。

レゴ投資よりアフィリエイトの方が稼ぎやすい

さて、株やゴールドよりも値上がり率が高いことで活況となっているレゴ投資ですが、実際はレゴを転売するよりも、アフィリエイトの方が稼ぎやすいです。

というのも、レゴ投資よりアフィリエイトの方がよりローリスクであり、より短期間でハイリターンが見込めるからです。

 

先に紹介したスター・ウォーズのLEGO宇宙船「ミレニアム・ファルコン」は、2007年に定価6万円だったものが、今では約120万円で取引されています。

つまり、2007年に6万円でこのLEGOを購入していれば、現時点で売ると約114万円の利益を得ることができます。しかし、114万円の利益を生み出すために、8年間もかかったことになります。

 

一方で、アフィリエイトであれば、私のように1年間で250万円以上を稼ぐことも可能です。

250万

つまり、LEGO投資よりもアフィリエイトの方が、圧倒的に早く結果を出すことができるのです。

 

さらに、LEGO投資は空振りだった場合、当然ながら損失が発生しますが、アフィリエイトでは初期費用0円で始められ、在庫を抱えることもないので、失敗してもリスクはゼロなのです。

 

以上から、LEGO投資よりも、アフィリエイトの方が、ローリスク(実質はほぼゼロ)かつハイリターンなビジネスと言えます。



2 Responses to “レゴ投資とは?メリットとデメリットを解説”

  1. あいこ より:

    ユウトさん、はじめまして。
    ランキングから来ました。
    レゴ投資ですか、初めて聞きました。
    レゴファンなら楽しみながらできそうですね。
    うちの息子もレゴが大好きで、
    誕生日やクリスマスのプレゼントはいつもレゴでした〜。
    捨てないで保管しておいたほうがよさそうです。。。
    時間や資金に余裕のある人なら、
    レゴのようにプレミアがつく商品の転売も面白いかもしれませんね。
    応援して帰ります。
    またお邪魔させてください。

    • ゆうと より:

      あいこさん

      こんばんは、ユウトです。
      コメント、応援いただきありがとうございます。

      >>レゴファンなら楽しみながらできそうですね。

      そうですね。「稼ぐぞ」という気持ちでガツガツ購入(投資)するよりも
      自分が好きなLEGOを押入でじっくり寝かせておいて、何年後かに「値上がりすればラッキー」
      くらいの気持ちでちょうどいいかと思います。

      空振りだった場合は、損失が出るので、あまり高価なLEGOを転売目的で購入
      するのはリスクがありますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ