ネットビジネスの種類まとめ、2016年に稼げるビジネスはコレ

こんにちは、ユウトです。

今回は、稼げるネットビジネスの種類についてまとめておきます。2016年にネット副業に挑戦される方は、参考にしてください。

2016年に稼ぎやすいネットビジネスとは?

まず、インターネットビジネスは、ざっと挙げるだけでも、以下のように多くの種類の稼ぎ方があります。

  1. アフィリエイト
  2. コンテンツ販売
  3. クラウドソーシング
  4. EC
  5. ネットオークション
  6. せどり
  7. ネット投資
  8. ドロップシッピング
  9. 素材販売
  10. youtube広告
  11. webサービス開発
  12. スマホアプリ開発
    etc

さて、この中で、特に専門知識が必要なく、知識ゼロの初心者におすすめなのが以下の3つです。

 

  1. アフィリエイト
  2. コンテンツ販売
  3. クラウドソーシング

 

これらは、2016年も稼ぎやすいネットビジネスであり、初心者でも早ければ1ヶ月目から、遅くとも半年程度で大卒初任給程度の月収が得られると考えられます。

では、上記3つのネットビジネスについて順番に説明していきます。

1.アフィリエイト

インターネットビジネスで最もポピュラーな稼ぎ方は、ネット広告で収入を得るという方法です。

自分の運営するブログやサイトなどに広告を設置することで、ユーザーから広告がクリックされたり、広告主の商品が購入された場合に、報酬をゲットできるのです。

 

そもそも、アフィリエイト広告には、主に以下の2種類があります。

  • クリック課金型広告
  • 成果報酬型広告

 

ここで、初心者におすすめなのは、クリック課金型広告を使ったブログ運営です。

クリック課金型広告は、自サイトやブログに貼り付けた広告が、ブログ訪問者にクリックされるだけで報酬が発生するので、ブログに大量のアクセスを集めるだけで稼ぐことができます。

クリック課金型広告では、Google社が提供するグーグルアドセンスと呼ばれる広告が有名です。

 

一方で、成果報酬型広告は、ユーザーが商品を購入したり、サービスに申し込んだりといった成約が起きないと報酬は発生しません。

そのため、クリック課金型広告ビジネスよりも難易度が高いのです。

 

以上から、アフィリエイトを始めるのであれば、まずはクリック課金型広告ビジネスに取り組んだ方が成果を出しやすいと言えます。

正しいノウハウを学んで、実践すれば、1ヶ月から3ヶ月程度で月収10万円以上を稼ぐことも可能です。

2015年4月収益

 

2.コンテンツ販売

コンテンツ販売は、自分が作成したデジタルコンテンツをインターネットで販売するビジネスです。

例えば、アフィリエイトやネット投資などで成果を上げているのであれば、そのノウハウをPDFや動画などにまとめ、情報商材として販売するのです。

 

コンテンツ販売のジャンルは、ビジネス、自己啓発、学習、投資、コンピューター、美容、健康など多岐にわたりますが、そのジャンルでしっかりとした成果を出しており、「教えてほしい」と思われるようなノウハウがなければ、商品を作っても売れません。

そのため、ネットビジネス初心者の方は、まずはアフィリエイトなどの比較的稼ぎやすいジャンルでしっかりとした実績を作ることが先決と言えます。

3.クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネットで不特定多数の人に仕事を発注したり、受注者の募集を行えるwebサービスのことです。

仕事内容は、ホームページ作成、アプリ開発、デザイン、ライティング、ネーミング、タスクなど種類は豊富にあります。

 

初心者におすすめなのは、ライティングです。ライティングは、専門知識が不要な案件が多く、ネットで調べて1000文字程度の文章にまとめるだけで、1記事あたり数百円から数千円ほどの収入を得られます。

例えば、1記事400円とするならば、1日1記事で1ヶ月に30記事書くだけで12000円の報酬を得られます。

 

また、ライティングのスキルが上がれば、1記事1000円を超えるような高単価案件を獲得することもできるため、毎月3万円から5万円ほどの収入を得ることも可能です。

アフィリエイトに比べると、収入は少し見劣りしますが、アフィリエイトやネット投資などで稼げなかった方にはおすすめです。

まとめ

インターネットビジネスには、様々な種類がありますが、私はアフィリエイトが最も稼ぎやすく、ローリスク・リターンのビジネスだと考えています。

2016年も、これまでと同様に、アフィリエイトが稼ぎやすいビジネスであることは変わりないので、ネット副業を始めたい方は、アフィリエイトがおすすめです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ