給料が安い、上がらない場合の対処法を紹介!インターネット副業でまずは月収10万稼ごう

こんにちは、ユウトです。

今回は、給料が安い、または給料が上がらない場合の対処法について記事にします。

給料が安い場合どうする?

給料が安かったり、なかなか上がらない場合に、収入を増やすには、以下の方法が有効と言えます。

  1. 残業
  2. キャリアアップ
  3. 転職
  4. 副業

では、順番に説明していきます。

1.残業

単純に労働時間を増やすことで、収入を上げることができます。私が以前勤めていた会社は、30分単位で残業代が発生するので、特に仕事もないのに、残業代欲しさに遅くまで仕事をしている先輩はチラホラいました。

ちなみに、私が所属していた部署は、仕事が忙しいところだったので、毎日深夜まで残業し、土曜日も休日出勤していました。そのため、入社1年目で月収は30万円を超えていたのです。

ただし、夜遅くまで残業するのは健康に良くないですし、最近では労働量よりも成果や時間効率を重んじる傾向に変わってきているので、あまりおすすめはしません。

また、中小、零細企業の中には、未だに残業代が支払われないところや残業しても雀の涙ほどの金額しか稼げないところもあるので、そのような場合はさっさと仕事を終わらして帰宅した方が得策でしょう。

2.キャリアアップ

給料を上げる方法としては、資格取得などで、より高い専門知識やスキルを身につけて、会社内での地位を高めるという手段もあります。

例えば、私が勤めていた会社では、平社員の1つ上に副主任という役職があり、30代前半の昇格試験に合格すると、副主任へ出世できる仕組みになっていました。

実際に、平社員と副主任では年収が1.6倍ほど異なります。30代前半の平社員の年収は500万円ほどですが、副主任のそれは800万円を軽く超えます。

そのため、副主任に出世することで給与を大幅に上げることができるのです。ただし、副主任になることはメリットばかりではありません。

というのも、副主任になると成果のみで給与が決定されるので、残業代は支給されないのです。さらに、残業しないと終わらない量の仕事が振りかかってくるので、毎日夜遅くまで残業する状況は平社員の頃と何ら変わりはありません。

私の会社では、副主任になると体を壊しやすいと言われており、イイことばかりではないのです。また、副主任の昇格試験が行われるのは、30代前半であり、大学の学部卒で入社してから、実に10年もの実務経験が必要なのです。

 

3.転職

 

さて、給料を増やす方法として、最も効果が高いとされているのが転職です。外資系など給料の高い会社へ転職したことで、年収が2倍に増えたという例もあるほどです。

ただし、転職に成功して給与アップに成功するのは、ほんの一握りの優秀な人材だけです。また、転職すると、以下のようなデメリットもあります。

  • 退職金が不利になる
  • 福利厚生などの待遇が不利になる
  • 社会的信用が低下する

例えば、退職金、福利厚生(有給休暇、早期退職、株式)などは、勤続年数が長いほど優遇されるので、転職すると、これらがリセットされてしまいます。

さらに、将来、住宅の購入などでローンを組むときに、勤続年数が少ないと審査が下りない可能性もあります。

そのため、転職する際には、メリットだけでなく、デメリットにもしっかりと目を向けて、最終判断する必要があります。

4.副業

さて、給料を手っ取り早く増やす方法として、私が最もおすすめするのは副業です。副業といっても、株やFXなどのハイリスク・ハイリターンなものではなく、アフィリエイトなどのローリスク・ハイリターンなインターネットを使ったビジネスです。

現在、株式投資やFXなどは、サラリーマンの副業として人気を集めていますが、投資には証拠金が必要であり、失敗すれば損失も発生します。

私も、脱サラ後にFX投資にのめり込んだ時期がありましたが、結局50万以上の損失を出して、市場から撤退することになりました。

もちろん、安定して稼げる手法を見つけ出せれば良いのですが、時間もお金もかかるので、あまりおすすめはしません。

 

それよりも、私が推奨したいのは、グーグルアドセンス広告と呼ばれるGoogle社が提供するネット広告を活用したビジネスです。

グーグルアドセンスの仕組みはこちら

このビジネスでは、自分が運営するブログやサイトにアドセンス広告を貼り付けておき、訪問者が広告をクリックすることで、報酬が発生するという仕組みです。

ブログは、無料で作ることができ、グーグルアドセンスへの登録も無料なので、初期費用0円で始めることができます。

 

そのため、仮に失敗してもリスクはほぼゼロなのです。さらに、正しいやり方で実践すれば、1ヶ月から3ヶ月ほどで、月収10万から30万ほどを稼ぐことが可能であり、成果が出るまでにかかる期間が短いというメリットもあります。

2015年4月収益

また、資格や専門知識なども不要であるため、誰でも正しい方法で努力すれば、すぐに成果が出る数少ないビジネスと言えます。

以上から、給料が低い、給料が上がらないと嘆いているサラリーマンには、グーグルアドセンスというネット副業がおすすめです。

まとめ

給料を増やすには、以下の方法が有効と言えます。

  1. 残業
  2. キャリアアップ
  3. 転職
  4. 副業

特に、インターネットを使った副業は、初期費用ゼロ円から始められるものもあり、ローリスク・ハイリターンなビジネスがおすすめです。

グーグルアドセンスであれば、知識ゼロの初心者でも1ヶ月から3ヶ月で、月収10万くらいを稼ぐことができます。

給料が安いと嘆いているなら、インターネットビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ