FABの法則まとめ

こんにちは、ユウトです。

今回は、FABの法則について備忘録のためにまとめておきます。

FABの法則

FABの法則とは、読者へのベネフィット(利益)の伝え方に関する公式であり、以下の4つの英単語のうち3つの頭文字をとった造語です。

  1. Features(機能)
  2. Advantages(利点)
  3. Motives(動機)
  4. Benefits(利益)

では、順番に説明していきます。

1.Features(機能)

Featuresとは、商品の機能や特徴を表しており、ネットビジネスにおいては、商材の”コンテンツ”をさします。

例えば、pdf◯◯ページ、動画◯◯分など商材の中身にあたるのがFeaturesとなります。

2.Advantages(利点)

Advantagesは、商品の機能や特徴から生じる効果であり、商品を手に入れることでお客が得られる利点を表します。

Advantagesを見つけるには、Featuresに対して、「だから」という問いかけをすることが有効です。

例えば、防水機能付きのスマホならば、以下のようなAdvantagesが考えられます。

————————————————-

Features:このスマホには防水機能がある

↓ だから

Advantages:雨にぬれても壊れない

————————————————

 

3.Motives(動機)

 

 

Motivesとは、Featuresが満たすことを指しています。

つまり、商品の機能によって、どのような問題が解決されるのかを表します。

では、先の防水機能つきスマホを例にとってMotivesを考えてみましょう。

————————————————————————————-

Features:このスマホには防水機能がある

↓ だから

Advantages:雨にぬれても壊れない

Motives:出先での営業中に、突然の雨に見舞われても、スマホで通話できる

————————————————————————————–

 

 

 

4.benefit(利益)

benefitは、広義では利益という意味ですが、商品を使用することで得られる素晴らしい未来を指しています。

例えば、先の防水機能つきスマホであれば、以下のようなベネフィットが考えられます。

————————————————————————————-

Features:このスマホには防水機能がある

↓ だから

Advantages:雨にぬれても壊れない

Motives:出先での営業中に、突然の雨に見舞われても、スマホで通話できる

benefit:ビジネスチャンスを逃さず、ライバルに差をつけられる

————————————————————————————–

上の例のbenefitについては、多少強引でごじつけな印象もあるので、もう一つ具体例を紹介しておきます。

ネットビジネスの無料レポートについてもFABの法則を適用します。

————————————————————————————-

Features:この無料レポートには、アドセンスで月収50万円を達成するために
必要なノウハウがすべて詰め込まれており、pdf100ページ、動画10本の
コンテンツを有している。

さらに、稼げる複合キーワードが20組も特典として含まれている。

↓ だから

Advantages:アドセンス月収50万円稼ぐ方法を最短最速で身につけられる。

Motives:アクセスの集まらない記事を書くことがなくなる。

benefit:効率よく最速で月収50万円を稼ぎ、
情報発信でライバルに差をつけられる。

————————————————————————————–

まとめ

FABの法則とは、読者に対して効果的にベネフィット(利益)を伝えるための公式であり、以下の4つの項目のうち、Features、Advantages、Benefitsの頭文字をとっています。

  1. Features(機能)
  2. Advantages(利点)
  3. Motives(動機)
  4. Benefits(利益)

ネットビジネスにおいて、無料レポートを紹介したり、商材を販売する際には、FABの法則を取り入れることで、読者からの反応を高めたり、成約率をアップさせることができます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ