GDTの法則まとめ

こんにちは、ユウトです。

今回は、GDTの法則についてまとめておきます。

人間には9個の基本的な欲求があり、これらを刺激することで、人の感情を動かし、行動させやすくなります。

GDTの法則とは?

アメリカの有名なコピーライターであるマイケル・フォーティンによると、人間には9つの欲求があり、それはGoal(目標)、Desire(欲望)、Teaser(本性)の3つのカテゴリに分類できます。

  • Goal:目標(3つ)
  • Desire:願望(3つ)
  • Teaser:本性(3つ)

この9個の欲求を上手く刺激することで、読者の感情を動かし、高い反応が取れるセールスレターを書くことができます。

では、順番に説明していきます。

Goal(目標)

Goal(目標)は、人の目標に対する欲求であり、次の3つの願望が含まれています。

  • time:時間をかけたくない
  • money:お金がたくさん欲しい
  • effort:努力したくない

簡単に言うと、人はお金が欲しいけれど、努力はしたくないし、お金もかけたくないのです。

つまり、セールスレターを書くときは、この3つの欲求を満たすような文言を入れることで、読者からの反応を高めることができます。

 

例えば、セールスレターで掲げている目標が、ビジネスで稼ぐことであるなら、「短時間(短期間)で、ほとんど努力することなく、お金をたくさん稼げる」と読者に思わせるような表現を使うと良いでしょう。

「たった1ヶ月で、サラリーマンの月給以上のお金を毎日2時間の作業で稼げる!」

ちなみに、これはセールスレターだけでなく、メルマガや無料レポートなどにおいても、上記の3つの要素を盛り込むことで、反応が高くなります。

Desire(願望)

Desireは、何か行動を起こすときの動機であり、次は3つの願望が含まれます。

  • greed:お金、名声、名誉が欲しい
  • lust:モテたい、綺麗になりたい
  • comfort:悩みや苦痛から逃れたい

人は、これらの欲求のいずれかを刺激されると、行動したくなるということです。

簡単に言うと、「お金持ちで、周りからチヤホヤされ、綺麗で、異性からモテて、悩みが全くない」という状態になりたいのです。

悩みや苦痛は、多くの人が悩んだり、苦しんでいる事柄をさしており、そこからの脱却を意味します。

Teaser(本性)

Teaserは、人間の本質的な欲求であり、次の3つの含みます。

  • curiosity:もっと知りたい、好奇心
  • controversy:反社会性、常識を覆す
  • scarcity:レア、限定のもの

curiosityはもっと知りたいという欲や好奇心のことであり、「見てはいけない」と言われると、無性に続きを見たくなるのは、『Curiousty』が刺激されているからです。

controversyは、反社会的であったり、常識を覆すような言葉です。

例えば、『あなたが寝ている間に、PCが勝手に1万円を稼ぐ』といったフレーズは、「お金は働かないと稼げない」という常識を覆しています。

scarcityは、希少性のことであり、人は限定品やレアものに弱いです。

数量限定残り3つ

○○時までのタイムセール

○月○日までの限定販売!
再販することは、一切ありません!

このように、今買わなければ手に入らないと伝えて、Scarcityを刺激します。

GDTのレベル

GDTの法則には、効果の強さにレベルがあります。

  • G(目標):弱レベル
  • D(願望、欲望):中レベル
  • T(本性):強レベル

つまり、T(本性)が最も読者の感情を刺激します。

セールスレターを書くときは、GDTを全て含めた方が反応は高くなりますが、無理に入れると文章が不自然になり、読者に違和感を与えてしまいます。

 

例えば、以下のような文章は、誰でもうっとおしいと感じるはずです。

「あと1日で販売終了です!」
「あと12時間で値上げします!」
「買わないと絶対損します!」
「このチャンスを逃すと一生後悔します!」

あくまで読みやすく、違和感のないような文章を心がけ、さりげなくGDTを含めるのが有効でしょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ