社会不適合者におすすめの仕事を紹介!会社に行くのが嫌なら自宅でブログを書いて稼ごう

こんにちは、ユウトです。

今回は、社会不適合者におすすめの仕事や生き方について紹介します。

社会不適合者の特徴

社会不適合者に最適な仕事を紹介する前に、そもそも「社会不適合者とはどんな人なのか?」について確認しておきましょう。

「自分は社会不適合者だと思っていたが、実は単なる思い込みだった」

このような可能性も考えられるので、社会不適合者の特徴について正しく理解することから始めます。まず、「社会不適合者」の意味について、ネットで検索すると、次のように説明されています。

社会不適合者とは、一般社会の要求に応えて生活することが困難な者のことである。

出典:http://www.weblio.jp/content/社会不適合者

さらに、社会不適合者とされる人には、以下のような特徴があると言われています。

  1. 人間不信
  2. 劣等感が強すぎる
  3. 責任転嫁や虚言癖
  4. 自信過剰
  5. 遅刻の常習者

では、順番に説明していきます。

1.人間不信

「人付き合いが苦手」という程度では、社会不適合者に該当しませんが、自分以外の人間を信用できないという人は、社会不適合者の可能性が高いです。というのも、人間不信の場合、相手を信用できないので、当然相手からも信用されないため、人間関係を構築できません。

つまり、会社という組織の中で生きていくことが極めて難しい状況にあると言えます。

2.劣等感が強すぎる

誰しもコンプレックスを抱えながら生きていますが、劣等感が強すぎると、常に自分を卑下してしまうので、気持ちが落ち込み、やがて鬱などの病気を発症する可能性が高くなります。そのため、極端に劣等感が強い人も社会に適合できなくなる可能性があります。

3.責任転嫁や虚言癖

ビジネスの場で、すぐに責任を誰かになすりつけようとする人、その場しのぎの言い訳が多い人、嘘が多い人などは社会不適合の可能性があります。というのも、これらの特徴は、人間関係を壊すに十分な要素となり得るからです。

4.自信過剰

自信を持つこと自体は問題ではありませんが、「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざがあるように、何事も行き過ぎは良くありません。自信過剰な人は、「自分の方が優れている」という意識が根底にあるため、他人に上から目線で接したり、横柄な態度を取って、人間関係を悪化させてしまいます。

さらに、先輩、上司、年長者など目上の人を敬うことが苦手なため、組織の中で生きていくことが困難と言えます。

5.遅刻の常習者

社会で生きていくうえで、「約束の時間を守る」ことは、最低限必要と言えます。約束を守れない人は信用されないので、やはり人間関係を構築することが困難となります。

さて、ここまで社会不適合者の特徴について紹介しましたが、1つでも当てはまった人は、社会不適合者予備軍だと考えられます。仮に複数の項目に該当するならば、すでに周りの人から社会不適合者のレッテルを貼られている可能性が高いです。

社会不適合者は、会社という組織で人間関係を築けないため、雇われの身として生きていくのは困難と言えます。

そこで、次は、このような社会不適合者におすすめの仕事について紹介します。

社会不適合者におすすめの仕事

先に結論から言うと、社会不適合者には「インターネットビジネス」がおすすめです。というのも、インターネットビジネスの中には、人と全く関わることなく、お金を稼げる仕事があるからです。

先に説明したように、社会不適合者は人間関係を構築するのを苦手としています。しかし、インターネットが発達したことで、世の中には人と直接会うことなく、お金を稼ぐ方法がいくつも登場しています。

では、その具体例を幾つか紹介します。

  1. ネット広告
  2. クラウドソーシング
  3. 電子商取引
  4. ネットオークション
  5. ネット内職
  6. FX
  7. ドロップシッピング
    etc

ざっと挙げただけでも、これくらいはあります。

そして、私がおすすめするインターネットビジネスは、ネット広告です。例えば、Google社が提供しているGoogleアドセンスが最適でしょう。

Googleアドセンスでは、自分が運営しているブログやサイトに広告を貼り付けておき、ユーザーがその広告をクリックするだけで、Googleから報酬を得ることができます。Googleアドセンスの詳細については、以下の記事を参考にしてください。ここでは、長くなるので詳しい説明は控えます。

Googleアドセンスとはどんなビジネスなのか?

Googleアドセンスは、無料で始めることができるので、仮に失敗したとしてもリスクは0です。ネットビジネスの中でも、FXや株式投資は主婦やサラリーマンから人気が高いのですが、投資を行うには証拠金が必要であり、運用に失敗すると数十万、数百万の損失を抱えてまま市場を撤退することとなります。

一方で、ネット広告ビジネスは、無料ブログで開始、運用できるため、ランニングコストもかからず、リスクは極めて低いと言えます。ちなみに、私はGoogleアドセンスで月収40万円を稼いでいます。

まとめ

社会不適合者には、インターネットビジネスがおすすめであり、特にGoogleアドセンスというネット広告ビジネスが最適と言えます。

社会にうまく適合できないのであれば、まずはそんな自分を認めてあげてはいかがでしょうか。そして、人と関わることなく稼げる仕事(インターネットビジネス)で実績を作り、自信をつけてから、徐々に人と関わるリアルビジネスへと展開していくことをおすすめします。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ