トレンドアフィリでYahooニュースを記事にするオススメの時間帯

こんにちは、ユウトです。

今回は、トレンドアフィリエイトで、Yahoo速報ニュースを記事にする際のおすすめの時間帯について解説します。

Yahooの速報ニュースを記事ネタに選ぶ場合、ライバルが少なく、アクセスが集まりやすいゴールデンタイムがあるのをご存知ですか?

Yahooニュースを記事にするおすすめの時間帯

先に結論から言うと、Yahooの速報ニュースをネタに選ぶ場合、朝5時から7時の間に報じられるニュースを記事にするとアクセスを集めやすいです。というのも、芸能人の熱愛、結婚、離婚、不倫などの検索需要が大きなネタは朝一に報じられるケースが多いからです。

例えば、この記事を書いている2015年12月21日であれば、タレントの安倍なつみさんと俳優の山崎育三郎さんが結婚するというニュースが朝方報じられました。

安倍なつみ 結婚

ここで、上の画像の赤枠部分に示したように、このニュースがヤフーに掲載されたのは、午前6時34分です。その後、以下のように「安倍なつみ」と「山崎育三郎」というキーワードの検索数が急増していることが伺えます。

急上昇ワード

つまり、結婚のニュースが報じられた直後に、どちらかの人物名をメインキーワードに選んで記事を書いた人は、大量のアクセスを集められたと考えられます。例えば、山崎育三郎は比較的無名な俳優なので、安倍なつみよりライバルが少なく、ライバルが弱いです。

そのため、山崎育三郎の虫眼鏡キーワードやグッドキーワードの中で、自分のブログのSEOでも上位表示できそうな、複合キーワードを選んで記事にすればアクセスを集められたはずです。

朝5時から7時の間に記事を書くメリット

さて、朝5時から7時の間は、検索需要の高い芸能ニュースが報じられるため、そのネタを記事にすることでアクセスを集めやすいと説明しましたが、この時間帯に記事を書くと大量のPVを獲得できるのには他にも理由があります。

それは、ライバルとなる他のトレンドアフィリエイターが記事を書かない(書けない)時間帯だからです。そもそも、5時から7時の時間帯は寝ている人が多いですし、会社員ならば朝から記事を書く元気のある人は少ないはずです。

また、主婦は、朝食やお弁当の準備などで忙しくしているため、記事を書くための時間を確保できません。朝、眠い目をこすりながら早起きして、記事を書くのはしんどいので、誰もがやりたくないと感じるはずです。

それは、裏を返せば、朝5時から7時の時間帯はライバル不在であり、この時間に報じられるニュースはアクセスを集めやすいと言えます。

金曜の早朝はアクセスの爆発を生みやすい

金曜は、有名週刊誌「フライデー」の発売日であり、熱愛スクープなど刺激の強いネタは、早ければ朝5時くらいからヤフーに掲載されます。その後、サラリーマンや学生が通勤・通学する時間帯になると、電車やバスでの移動の際に、スマホからヤフーにアクセスします。

そのときに、刺激の強い芸能ネタが掲載されていると、すぐにツイッターで話題になり、検索需要が一気に高まります。つまり、その前に記事を上位表示させておくことで、ライバル不在のため、朝一の芸能ネタに関する検索需要を独り占めできるのです。

まとめ

ヤフーニュースを記事にする際に、アクセスを集めやすい時間帯は朝5時から7時であり、特に金曜の早朝が狙い目です。もちろん、フライデー以外にも、週刊文春、Flash、週刊新潮、女性自身、女性セブンなどの週刊誌で、芸能スキャンダルが報じられるときは、大量のアクセスを集めやすいです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ