youtube有料化はいつから?動画投稿者の収入はどうなる

こんにちは、ユウトです。

今回は、youtube有料化の時期やyoutuberの収入に与える影響などについてまとめておきます。

youtubeの有料化とは?

YouTubeの新しい有料サービス「YouTube Red」が、2015/10/28 からアメリカで開始されました。月額料金は$9.99(約1200円)とのことです。

そして、YouTube Redの特徴は次の3つです。

  1. 広告非表示
  2. ムービーのオフライン再生
  3. バックグラウンド再生

では、順番に説明していきます。

まず、1つ目は広告の非表示であり、youtube利用者の誰もがうっとおしいと感じている広告をすべて排除した状態で、快適に動画を視聴することができます。2つ目は、ムービーのオフライン再生機能であり、あらかじめお気に入りのムービーをダウンロードしておけば、いつでもどこにいても通信料を気にせず、好きなムービーを視聴し放題となります。

出張先や旅先などでは、暇つぶしに便利かもしれません。

3つ目は、バックグラウンド再生機能です。これまでは、ミュージックビデオなどをyoutubeアプリで再生すると、他のアプリに切り替えた際に、再生が停止してしまうという欠点がありました。

しかし、YouTube Redの会員になると、バックグラウンド再生が可能となるので、アプリを切り替えても音声は再生させたままにしておけるのです。youtubeに投稿されているMVなどをBGMとして利用している人やBGMを聞きながら他のアプリを使って作業する人にとっては、とても便利な機能と言えます。

そして、これら3つのYouTube Redの機能は、スマホやPCなどあらゆる端末で利用できます。また、YouTube Redの会員は、月額980円で3500万曲以上を聞き放題となるGoogle Play Musicの会員サービスも利用できるようになります。

ちなみに、2016年内には日本でも利用がスタートすると予想されています。

youtuberの収入はどうなる?

YouTubeは、有料サービスの導入により、動画投稿者の収入はさらに増加すると予想しています。

この度、 YouTube はさらに選択肢を広げるため、月額料金制で広告が表示されないバージョンの YouTube を新たに提供するという大きな 1 歩を踏み出すことになりました。新たな定期購入サービスを作ることで、パートナーの皆様にとっては広告収入の増加を補う新しい収入源が生まれることになり ます。

出典:youtubeパートナー利用規約

月額料金制に加入する会員が増えれば、youtubeにとっては毎月安定した収益が見込めます。そのため、youtubeとしては有料会員を増やしつつ、彼らの満足度や利便性を向上させ、会員に途中で脱退されないように運営していく必要があります。

よって、今後は、youtuberは有料会員たちを満足させるような動画を投稿していくことが重要だと考えられます。おそらく、有料会員に多く再生され、長時間視聴された動画や有料会員に多くチャンネル登録されているyoutubeから高く評価されることでしょう。

そして、そのような人気の動画を投稿しているyoutuberには、youtubeのいう”新しい収入源“が用意され、今まで以上に収入を伸ばしていくことが予想されます。

その証拠に、YouTube Redでは、2016年からYouTuber収入世界ランキング1位となったPewDiePieをはじめとする人気YouTuberによる「YouTube Red」でしか見られないオリジナルコンテンツの配信が計画されており、今後は人気動画を提供しているyoutuberがさらに優遇されていく傾向が強まると考えられます。

youtubeの広告収入だけに頼るのは危険

一方で、再生回数を上げることだけを目的として、低品質な動画を投稿しているyoutuberは広告収入の低下により、徐々に淘汰されていくでしょう。

youtubeは、今後有料会員だけが利用できるサービスを増やしていくとともに、月額料金加入者へのサービス向上に注力していくことが予想されます。そして、無料会員との利便性の差がどんどん広がっていくため、youtubeを無料で利用するユーザーが次第に減り、広告収入は緩やかに低下していくと考えられます。

以上から、youtuberは今まで以上に、視聴者から評価される動画を制作していく必要があり、広告クリックによる収入だけで生計を立てていくのは、今後は厳しくなるでしょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ