twitterの鍵の付け方と外す方法を解説!

こんにちは、ユウトです。

今回は、twitterの鍵の付け方と外す方法について、私の備忘録用にまとめておきます。

twitterに鍵をかけるワケ

ツイッター 鍵

2013年頃からバカッターと呼ばれるツイッターユーザーが話題となったことで、自分が承認したユーザーのみがツイートを見られるようにするtwitterの「鍵」機能が注目されるようになりました。バカッターは、ツイッターに度を越した悪ふざけ画像を投稿したために炎上し、個人情報の流出や失業などに追い込まれるケースも珍しくありません。

ただし、これは他人事ではありません。自分の投稿した画像や何気ないつぶやきが気づかぬうちにリツイートされ、拡散してしまう可能性は否定できないのです。

また、際どい画像が2chユーザーの目に留まり、まとめサイトで叩かれて炎上してしまうなどの事態は、誰にでも起こりえることです。誰しも、親しい友人にしか見られたくないようなツイートや面白いけど賛否両論巻き起こりそうな画像を載せたい場合などはあるはずです。

このような場合に役立つのが、twitterの「鍵」機能なのです。まずは仲間内だけに見せて、ツイートや画像に否定的な意見が多かったり、炎上の兆しがありそうだと判断した場合には、第三者への公開を見送るなどの機転を利かせた対応がとれます。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはツイッターに鍵をかける方法について説明していきます。

twitterの鍵の付け方と外し方

まずは、以下のリンクからtwitterのアカウントにログインしてください。

https://twitter.com/

次に、画面右上にあるプロフィール画像のアイコンをクリックし、設定を選択します。

ツイッター 設定

そして、左のセキュリティとプライバシーの項目をクリックします。

セキュリティとプライバシー

画面が切り替わったら、下にスクロールしていくと、ツイートの公開設定という項目があるので、ツイートを非公開にするにチェックを入れます。

ツイートを非公開

変更を保存ボタンをクリックします。

変更を保存

パスワードの入力を求められるので、ログインパスワードを入力します。

パスワード入力

以下のようなメッセージが表示されたら、設定変更が正しく行われています。

設定保存

最後に、ツイッターのユーザー名の横に鍵のマークが表示されていれば、ツイートの非公開設定は完了です。

 

鍵 マーク

次に、ツイートの非公開設定を解除する場合は、先ほどのセキュリティとプライバシーの設定画面において、「ツイートを非公開にする」のチェックを外せば良いだけです。

では、設定お疲れ様でした。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ