エックスサーバーからwpxクラウドへのサーバー移転方法をどこよりも詳しく解説

こんにちは、ユウトです。

今回は、エックスサーバーからwpxクラウドへのサーバー移転の方法についてまとめておきます。

サーバー移転の流れ

wpxクラウドへのサーバー移転は、次のような手順で行うので、移転作業を開始する前に流れをしっかりと把握しておきましょう。

  1. wpxクラウドと契約
  2. エックスサーバーのデータベースをエクスポート
  3. エックスサーバーのデータをダウンロードしてバックアップ
  4. wpxクラウドでドメインを追加
  5. wpxクラウドにワードプレスをインストール
  6. wpxクラウドにデータベースをインポート
  7. wpxクラウドにデータをアップロード
  8. サイトの動作確認
  9. ネームサーバーの切り替え

特に、データのダウンロードとアップロードは、転送漏れがないよう慎重に行う必要があり、サイトによっては半日近くかかる場合もあるので注意が必要です。サーバー移転の作業に取りかかる前に、手順をしっかりと頭の中でイメージし、不明点についてはwpxのサポートに問い合わせて、クリアにした状態で行います。

では、上記の手順について、順番に解説していきます。

サーバー移転手順を解説

1.wpxクラウドと契約

wpxクラウドへの登録方法については、以下の記事にて詳細に説明しています。

wpxクラウドの登録方法はこちら

wpxクラウドの「無料お試し」への申し込みが完了したら、サーバー移転を行っていきます。

2.エックスサーバーのデータベースをエクスポート

まずは、エックスサーバーのデータベースをエクスポートする必要があるので、エックスサーバーの管理パネルにログインします。

そして、phpmyadminにログインしましょう。

xサーバー サーバーパネル

 

phpmyadminにログイン

ここで、phpmyadminのログインパスワードが分からない方は、以下のようにFFFTPからエックスサーバーにアクセスし、wp-config_phpファイルを開きます。

ftp wp-config_php

wp-config_phpファイルを開くと、phpmyadminのログインに必要なユーザー名とパスワードが記載されているので、コピペしてphpmyadminにログインします。

wp-config_phpファイル ユーザー名 パスワード

phpmyadminにログインできたら、以下のようにinformation_schemaではないデータベースを選択します。

phpmyadmin データベース選択

次に、エクスポートを選択します。

エクスポートを選択

そして、以下の赤枠に示したように、必要事項にチェックを入れます。

DBダンプ表示 必要項目にチェックを入れる

最後に、ファイルに保存するにチェックを入れて、実行します。

ファイルに保存するを選択して実行

すると、以下のようなsqlファイルがパソコンにダウンロードされはずです。

エックスサーバーからエクスポートしたデータベース

これで、エックスサーバーのデータベースのエクスポートが完了しました。

3.エックスサーバーのデータをダウンロードしてバックアップ

次に、エックスサーバーのデータをダウンロードする作業に移ります。FFFTPでwp-contentと.htaccessの2つのデータをダウンロードしましょう。

まずは、デスクトップ上に.htaccessダウンロード用のフォルダを作成します。

デスクトップにデータ保存用のファイルを作る

そして、以下のようにFFFTPでエックスサーバーにアクセスし、.htaccessのデータをデスクトップのフォルダにダウンロードします。

htaccessのデータをバックアップする

同様に、wp-contentのデータ保存用にデスクトップにフォルダを作成します。

wp-contentバックアップ用ファイル

さて、ここからwp-contentのデータをダウンロードしていくのですが、容量が大きいので、一度にフォルダごとダウンロードしようとすると、確実に転送エラーが発生します。

wp-contentのデータをダウンロード

ダウンロード失敗ファイル

データの転送漏れがないよう、慎重にダウンロードしてください。仮に、エラーが発生した場合は、以下のようにwp-contentフォルダの階層を下げていき、1回の転送作業で、エラーが発生しないレベルまでデータの転送容量を少なくしましょう。

 

wp-contentファイル内のデータを1つ1つバックアップ

転送でエラーを発生しにくくする方法については、以下の記事を参照ください。

FFFTPの転送エラーを40秒で解決する方法

4.wpxクラウドでドメインを追加

次は、ドメインの追加設定を行います。wpxクラウドの管理画面にログインし、以下のようにドメイン追加設定を選択します。

ドメインの追加設定

続いて、他社管理のドメインを追加するボタンをクリックします。

他社管理のドメインを追加

あとは、サイトのドメイン名を入力し、web認証を選択します。

ドメイン追加

そして、この画面を下にスクロールしていき、以下のようにweb認証用ファイルをダウンロードできるリンクをクリックします。

ウェブ認証すると、以下のようなhtmlファイルがパソコンにダウンロードされるはずです。

web認証用htmlファイル

次に、この認証用ファイルをFFFTPを用いて、エックスサーバーにアップロードします。

認証用のhtmlファイルは、移転するドメインのpublic_htmlのフォルダにアップロードしましょう。

認証用ファイルアップロード4

アップロードが完了したら、「http://認証するドメイン名/wpx.html」のURLでアクセスし、認証IDを確認してください。以下のようにwpxから始まる認証IDが表示されていれば、アップロードが正常に行われたと判断できます。

認証用ID確認

ここまで確認できたら、先ほどのドメイン追加の画面に戻り、「ドメインの追加」ボタンをクリックします。

ドメイン追加2

続いて、ドメインの追加を確定させます。

ドメイン追加を確定

これで、wpxクラウドに移転させるサイトのドメインの追加が完了しました。

 5.wpxクラウドにワードプレスをインストール

追加したドメインにワードプレスをインストールしていきます。

追加したドメインにワードプレスインストール

以下のように、必要事項を入力して次に進みます。

追加したドメインを選択

内容に問題がなければ、インストールを確定させます。

新規インストール

ここで、ユーザーIDやパスワードを忘れずに控えておきましょう。

ワードプレスパスワード

 

次に、htaccessの編集を行います。

htaccessの編集

先ほど、エックスサーバーからダウンロードしたhtaccessファイルを開き、# BEGIN WordPressから# END WordPressまでを全てコピーして、この画面にそのまま貼り付けます。

 

初期のhtaccessのデータ

その後は設定を保存して完了です。

 

6.wpxクラウドにデータベースをインポート

 

phpmyadminに入り、エックスサーバーのデータをwpXクラウドにインポートさせます。

phpmyadmin wpx

まずはインポートするデータベースを空にするので、以下のようにチェックを入れてから、赤枠のプルダウンから削除を選択し、データを削除します。

データベースを空にする

実行

続いて、先ほどエックスサーバーからエクスポートしたsqlデータをwpxクラウドにインポートします。アップロードファイルを選択して、以下のようにプルダウンからファイルの文字セットをutf-8に選択します。

インポートファイルを選択

あとは、インポートを実行します。

インポート実行2

インポート完了

上記のように、インポートが正常に行われたことを伝えるメッセージが表示されれば、データベースのインポートは完了です。

7.wpxクラウドにデータをアップロード

次に、FFFTPでwpxクラウドにアクセスし、エックスサーバーのデータをすべてアップロードしていきます。

FFFTPでwpxクラウドにアクセスする際のホスト設定については、wpxクラウドにマニュアルが用意されているので、以下の手順に従って行います。

FTPアカウントの設定方法

まず、FTPホスト名については、以下のようにFTPアカウント設定に記載されているので、控えておきます。

そして、設定変更ボタンをクリックします。

FTPアカウント設定

以下のように、設定変更確認ボタンをクリックします。

FTPアカウント設定の変更

そして、設定編集ボタンをクリックします。

設定変更 確定

IDとパスワードを控えておきます。

IDとパスワードを控えておく

これで、FTPソフトからwpxクラウドにアクセスするために必要なアカウント情報が全て揃ったので、以下のようにwpxクラウドのサーバーにログインします。

wpxのホスト設定

 

次に、エックスサーバーのバックアップデータをwpxクラウドにアップロードしていきます。

xサーバーのバックアップデータをwpxサーバーに移動させる

アップロードもダウンロードと同様に、エラーが発生しないよう、ファイルを1つずつ地道に移動させていきます。

8.サイトの動作確認

次にhostsファイルで動作確認を行います。メモ帳を右クリックして、管理者として実行で開きます。

その後、メニューバーからファイル、開く、ファイル名と進み、C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hostsと入力すると、hosts編集画面に移ります。

そこで、最後の行にwpXクラウドのIpアドレス、半角スペース、サイトのドメインと順番に入力して上書き保存します。

例:1234.567.8 abc.com

hostsファイル追加

これで自分のパソコンからサイトにアクセスすると、新サーバーに切り替わった状態のサイトを見ることができます。ここでエラーやサイトの表示に問題がなければ、hostsファイルの最後の行に追加したwpXクラウドのIpアドレスを含む文字列を削除し、設定を元に戻してください。

9.ネームサーバーの切り替え

最後に、ムームードメインの管理画面にログインし、ネームサーバーの設定変更を行います。

wpxのネームサーバーに変更

ネームサーバー設定変更 実行

上の画像のように、エックスサーバーのネームサーバーからwpxクラウドのネームサーバーへと変更します。ネームサーバーが切り替わるまでには、数日かかるので、すぐにエックスサーバーを解約しないでください。

これで、エックスサーバーからwpxクラウドへのサーバー移転は完了です。

お疲れ様でした。

サーバー移転における注意点

サーバー移転で失敗しやすいのは、旧サーバーからのデータダウンロードと新サーバーへのデータアップロードです。ここはデータの転送漏れがないよう、時間をかけて慎重に行ってください。

できれば、会社がお休みの日に、朝から行うことをおすすめします。また、サーバー移転した後に、サイトに不具合やデザインの崩れている箇所が見つかることもあるので、移転が完了しても、すぐに旧サーバーを解約しない方が良いです。

新サーバーでの動作に問題がある場合、旧サーバーを解約していなければ、ネームサーバーを再び旧サーバーに切り替えることで、サイトを元に戻すことができます。そのため、サーバー移転が完了しても、しばらくは両方のサーバーでサイトを運営しておきましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ