こんにちは、ユウトです。

今回は、私のアドセンス失敗談を紹介します。私は2015年の1月から3月まで毎日3記事以上更新していましたが、毎日のアクセス数はほとんど増えず、爆発も起きないという暗黒の時代を過ごしていました。

しかし、2015年3月下旬からメンターに従事し、アドセンスへの取り組み方を変えたことで、4月に月収20万を突破しています。そこで、今回はアクセスが集まらなかった時代を振り返り、その原因を自分なりに分析したので、記事を書けども書けどもアクセス数が増えないという方は参考にしてください。

取り組み方が悪いと何百記事書いても稼げない

もし、あなたがワードプレスでアドセンスブログを運営しており、すでに200記事以上書いているにも関わらず、月収10万円稼げていないならば、それはアドセンスに対する”取り組み方”が間違っている可能性が高いです。

というのも、私は2015年4月に無料ブログで月収20万円を達成しており、このときは1日3~4記事を更新していたので、記事総数は100~120記事前後だったと記憶しています。つまりは、正しいやり方でブログを運営すれば、およそ100記事前後で月収10万円は突破可能なのです。

もちろん、無料ブログの場合は最初からある程度のSEOパワーがあるので、独自ドメインのワードプレスブログよりも早く結果を出しやすいというメリットがあります。ただし、私は2015年5月からワードプレスブログを運営していますが、初月には59記事で月収9万7968円稼いでいるため、独自ドメインブログであったとしても100記事未満で月収10万円を達成することは可能と言えます。

逆に、取り組み方が悪いと、何百記事書いても月収10万円は突破できません。先に説明したように、私は2015年の1月から3月は毎日3記事以上更新していましたが、毎日のアクセス数はほとんど増えず、1月2月3月は月収6万円前後をウロウロしていました。

このときは、3ヶ月間ほぼ毎日休まず3記事以上をノルマとしていたため、ブログには270記事近くたまっていました。しかし、月収は6万円前後で推移し、全く伸びなかったのです。

では、なぜ記事を更新しているのに、アクセス数が増えていかなかったのでしょうか?

アクセスが集まらない原因を究明しない限り稼げない

2015年の1月から3月までの暗黒の3ヶ月間において、私の頭の中には300記事書けば月収10万円稼げるという考えがありました。これは、多くのアドセンス情報発信ブログにて、月収10万円達成の目安となる記事数として、300記事という数字が挙げられていたからです。

つまり、その頃の私は、とにかく早く300記事書いて月収10万円稼ぎたいという思いが強かったため、盲目的に記事を更新しており、アクセスが集まらなかった記事に対して、その原因究明を怠っていました

そのため、記事をたくさん書いても、キーワード選定のスキルやライバルチェックの精度が上がらなかたのです。結局のところ、アドセンスで稼げるかどうかは、次の3点にかかっていると言っても過言ではありません。

  1. キーワード選定
  2. ライバルチェック
  3. 記事投稿タイミング

アクセスが集まりそうなネタがなんとなく分かっていたとしても、ユーザーが検索する複合キーワードがわからないとそのネタについて記事を書いてもアクセスは集まりません。そして、アクセスの集まる複合キーワードを知っていたとしても、ライバルチェックの精度が悪いと、記事を書いても上位表示できないので、やはりアクセスを集められません。

さらに言うと、アクセスの集まる複合キーワードを知っており、たとえそのキーワードで上位表示できたとしても、アクセスが集まるタイミングを外してしまっては、やはり稼げないのです。

以上から、アドセンスで稼ぐためには、記事を書くたびに上記の3つの項目をすべて満たしているかどうかチェックし、1つでも満足していなければ、その原因を究明して改善していかなければなりません。

例えば、キーワード選定やライバルチェックに問題がなく、アクセスが集まるはずのキーワードで上位表示できているのに、アクセスが集まっていないならば、記事を投稿するタイミングが悪かったのか検証しましょう。

ニュース速報が出て、2時間後に記事を書いてアクセスが集まらないなら、次は1時間以内のネタを選ぶなど、記事を書くたびに反省と改善が必要です。

アドセンスで月収10万以上稼いでいる人は、少なからず反省、検証、改善をしっかりと行っているはずです。

まとめ

アドセンスは、無料ブログだろうが独自ドメインブログだろうが、私の経験上”正しい取り組み方”でブログ運営ができていれば、100記事から200記事程度で月収10万円は突破できます。ただし、過去の私のように記事を書くたびに反省、検証、改善を行うことなく、盲目的かつ一心不乱に記事を書いているだけでは、何百記事書いても成果は出ないでしょう。

稼ぐためには、アクセスが集まらない理由を徹底的に追求し、自分の頭で思考して、原因究明してくことが最低条件となります。