アドセンスで1記事に必要な文字数はどれくらい?

こんにちは、ユウトです。

今回は、アドセンスブログを運営する際に、1記事に必要な文字数について、私なりの考えをまとめておきます。

「1記事に最低何文字以上が必要なのか?」

このようなお悩みをお持ちの方は、是非参考にしてください。

1記事に必要な文字数

file0001842662912

先に結論から言うと、記事を書く際に最低限必要な文字数は、選ぶネタのジャンルによって異なり、おおよそ以下の文字数が目安になると考えています。

  • ショートレンジネタ:1000文字前後
  • ミドルレンジネタ:2000文字前後
  • ロングレンジネタ:3000文字前後

※ショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジという単語の意味が分からない方は、以下の記事を参照ください。

キーワード選定の基礎

では、それぞれの文字数の根拠について説明していきます。

ショートレンジは1000文字前後

アドセンスで成功を収めている人の情報発信ブログを拝見すると、多くの人は稼ぐためには1記事あたり1000文字以上が必要だと説明しています。文字数が多い記事は、より多くの役立つ情報を読者に提供できるので、検索エンジンからも評価されやすいと言えます。

私は、現在さまざまなジャンルのネタを扱ったごちゃまぜブログを運営しており、そのブログでショートレンジネタを扱った記事を書くときは、だいたい1000~1500文字を目安に記事を書いています。これは、一つの事柄について分かりやすく説明しようとすれば、たいていこの程度の文字数が必要になるからというのが理由です。

また、ショートレンジネタは検索寿命が非常に短いため、そのネタが話題になってから、できるだけ早く記事を検索結果にインデックスさせる必要があります。そのため、ミドルレンジやロングレンジのようにじっくりと記事を書いている時間はないので、少ない文字数で検索者に必要な情報を素早く提供し、価値を感じてもらうことが重要となります。

ミドルレンジネタは2000文字前後

ミドルレンジのネタの場合、ジャンルによっては、検索上位にSEOの強いブログが多かったり、大手サイトと競合することもあります。そのため、運営期間が短くSEOの弱いブログの記事が上位表示されるためには、すでに上位表示されている記事が提供している情報を網羅させ、さらに役立つ情報を提供することが前提となります。

そのため、必要な情報を盛り込み、上位表示されている記事と差別化を図ろうとすれば、必然的に文字数が多くなるのです。私の場合は、2000から3000文字程度を目安として記事を書いています。

ロングレンジネタは3000文字前後

ロングレンジネタは、多くのジャンルにおいて、検索上位をSEOの強いブログや質の高い記事を提供しているサイトが占めており、ジャンルによって大手サイトに検索上位が埋め尽くされているキーワードもあります。

つまり、ライバルが強く、しっかりと検索者に価値を提供しているサイトが多いので、簡単には上位表示できません。そこで、ロングレンジネタに関して記事を書く場合は、上位表示されている記事に書かれている情報を網羅するだけでは不十分であり、全く別の視点からそのネタに関して論じたり、読者に新たな発見や気付きなどをもたらすことも必要となります。

そうなると、ミドルレンジよりも必然的に文字数が多くなってしまいます。私の場合は、3000から4000文字程度を目安としていますが、場合によっては5000文字を超えることもあります。

もちろん、単に文字数が多ければ良いとか、多くの情報を提供できていれば良いというわけではなく、あくまで検索者の役に立ち、そのうえで付加価値を提供することが重要なのです。

 まとめ

アドセンスブログで記事を書く際には、以下の文字数が目安となります。

  • ショートレンジネタ:1000文字前後
  • ミドルレンジネタ:2000文字前後
  • ロングレンジネタ:3000文字前後

ミドルレンジやロングレンジに関するネタで記事を書く場合は、上位表示されている記事の質が高かったり、SEOの強いブログが多いのです。そのため、自分の記事を上位表示させるには、情報を網羅させるだけでなく、自分なりの視点で論じ、検索者に新たな気付きなどの付加価値を与える必要があります。

そのような記事を書こうとすれば、必然的に文字数が多くなると考えられます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ