職場の人間関係に疲れた場合の対処法5選

「もう、人間関係に疲れた…」

普段生活していると、このように感じることはありませんか?

現代社会は、LINE、ツイッター、フェイスブックなどの登場により、人間関係がより緊密かつ複雑なものとなりました。そのため、職場や学校などで、周りの人と良好な関係を保つために、必要以上に神経質になってしまい、追いつめられて精神的に疲弊してしまう人が増えています。

そこで、本記事では職場の人間関係に疲れた人のために、いくつか対処法を紹介します。

人間関係に疲れた場合の対策

file0002062790027

会社で、職場の人間関係が嫌になったり、うんざりした際には、以下の方法を実践することで心の負担を軽減させるとともに、良好な人間関係を築くことができます。

  1. 八方美人を止める
  2. ネガティブに解釈しない
  3. 脳をリラックスさせる
  4. 笑顔を意識する
  5. 他人に自分の理想を押し付けない

では、順番に説明していきます。

1.八方美人を止める

人間関係が嫌になってしまう人は、周囲の目を必要以上に気にしており、誰からも好かれようとしているという特徴があります。八方美人は、本当の自分を隠して、”良い人”として振る舞い続けており、自分が嫌いな人からも好かれようと無理して付き合うので、徐々に心にストレスが蓄積していき、人付き合いが嫌になってしまうケースがあります。

そこで、まずは自分の周りにいる人を「好きな人」と「嫌いなひと」に分類し、苦手な人と無理に付き合う時間を減らすことから改善しましょう。自分の嫌いな人との気の進まない飲み会への参加は、きっぱりと断るようにしましょう。

2.ネガティブに解釈しない

人間関係に疲弊する人は、他人の言葉の裏を探ったり、「影で悪い噂をされているのでは…」などとネガティブに解釈してしまうことが多いです。つまりは、思い込みの強い人は、気苦労が絶えず、ストレスを溜め込んでしまう可能性が高いです。

余計な詮索は止めて、褒め言葉は額面通り受け止めて、嫌な言葉は自分の都合の良いように、ポジティブに解釈してはいかがでしょうか。

3.脳をリラックスさせる

ストレスが蓄積すると、知らず知らずのうちに笑顔が少なくなり、表情が硬くなります。さらに、怒りっぽくなったり、どんよりした負のオーラを放つようになるので、人間関係でトラブルを起こすリスクが高くなります。

仕事でストレスを溜め込まないようにするには、業務中は適度に(1時間に1回くらいの頻度で)休憩を取るようにしましょう。そして、涙活などにより、定期的に泣けるドラマ、映画、書籍などを介して、涙を流すことで、ストレスホルモンの分泌を抑えます。

さらに、youtubeでおもしろ動画やお笑い芸人のネタなどを視聴することで、笑う機会を設け、脳をリラックスさせましょう。

4.笑顔を意識する

職場や学校で、良好な人間関係を築きたいならば、笑顔でいる時間を多くしましょう。笑顔は、手っ取り早く好感度を上げる最強の武器であり、「あなたに敵意を持っていません」、「あなたとお話できることをうれしく思っています」という信号となります。

逆に、しかめっ面は拒絶のサインであり、「あなたとはお近づきになりたくない」というメッセージとなるので、ツンツンしたり、変に気取った表情は避けて、人と接するときは口角を上げることを意識しましょう。

嫌いな人の前で、あからさまに不機嫌な表情をしていると、その周りにいる人にまで、あなたが発する負のエネルギーが伝わってしまいます。職場では、嫌いな人とも付き合わなければならない場面が多いので、そのようなときは、心の中では「こいつが大っ嫌いだ」と思いながらも、表情は笑顔を作っておきましょう。

そして、嫌いな人や苦手な人とは、職場以外での付き合いを断てばよいのです。つまり、ビジネスの場では、猫を被って対応し、プライベートでは自分を偽らずに過ごすようにします。

そうすれば、職場で人間関係のトラブルを抱えることなく、人付き合いで心に負担を感じることを避けられます。

5.他人に自分の理想を押し付けない

他人に期待しすぎたり、「こうあるべきだ」という自分の理想像を他人に当てはめる人は、理想と現実の差に、イライラしてしまうことが多くなります。例えば、私は、同僚と待ち合わせした際に、自分は10分前に待ち合わせ場所に到着していたにも関わらず、同僚が15分遅刻して来たことがありました。

そして、真冬の寒い中、私を屋外で15分間も待たせたにも関わらず、そのことに対して同僚は「すまんすまん」と軽く謝罪しただけ、すぐに別の話題を切り出してきたのです。このとき、私は自分が想定していたような謝罪の言葉をもらえなかったため、非常に腹が立った記憶があります。

つまり、私には、人を寒空の下で15分も待たせたならば、もっと深刻そうな表情で真剣に謝罪すべきという理想を同僚に押し付けてしまったのです。そのため、理想と現実との差を受け入れられずに、立腹してしまいました。

腹を立てると気分が悪くなるだけで、何もメリットはないので、私はこのように解釈することとしました。


 世の中には、待ち合わせ時間に平気で遅れてきて、全く悪びれる様子のない残念な人間もいる。この同僚と待ち合わせるときは、時間を気にしなくても良いことがわかっただけでも収穫だった。

このような人は、自分と波長が合わないので、今後はプライベートで付き合わないようにしよう。


上記のように、腹の立つ出来事の中にも、学びやメリットは必ず潜んでいるので、ポジティブに解釈することで、少し溜飲が下がりました。

他人に期待したり、自分の理想を当てはめようとすると、理想と現実が異なった場合にストレスが溜まるので、自分の理想はいったん捨てて、「まあ、世の中にはこんな人もいるんだ」というように、都合よく解釈しましょう。

まとめ

人間関係に疲れたときは、以下の5つの方法を実践することで、心に溜まったモヤモヤした感情やストレスを軽減することができます。

  1. 八方美人を止める
  2. ネガティブに解釈しない
  3. 脳をリラックスさせる
  4. 笑顔を意識する
  5. 他人に自分の理想を押し付けない

人間関係が嫌になるのは、自分を良く見せようとしたり、自分が他人からどのように見られているのか気にしすぎることから始まります。そして、そのストレスが心に蓄積していくことで、人と接するのも嫌になってしまうのです。

そのため、まずはプライベートで八方美人でいることを止め、自分に対する評価などはすべてポジティブかつ自分に都合よく解釈するようにしましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ