アドセンス 「月収6万円で伸び悩んでいた私が月収20万円を突破できた理由」

こんにちは、ユウトです。

今回は、アドセンスで月収10万円の壁を超えられず、伸び悩んでいる人に向けて、私の過去の経験からアドバイスさせて頂きます。

アドセンスの月収が伸び悩む理由

アドセンス初心者の多くは、”月収10万円達成”を最初の目標として掲げていますが、月収5万円前後で収益が飽和し、なかなか10万円の壁を突破できない人が多いです。私は、2014年10月下旬からアドセンスのコンサル企画に参加することで、本格的にアドセンスに取り組み始め、2014年12月には月収6万円を突破しました。

ところが、それから2015年の3月まで4ヶ月ほど月収6万円前後で、収益が停滞してしまったのです。

2014年12月報酬

2015年1月収益

2015年2月収益

2015年3月収益

そこで、報酬が伸び悩んでいた頃の自分を自己分析したところ、月収10万円を突破できなかったのは、主に以下の3つが原因だとわかったのです。

  1. 検索需要の少ないネタばかりを扱っていた
  2. ライバルの強いジャンルでのみ勝負していた
  3. 毎日安定してアクセスを集めてくれる記事がなかった

では、順番に説明していきます。

1.検索需要の少ないネタばかりを扱っていた

私が月収6万円前後で伸び悩んでいた頃は、「検索需要」を全く意識せずに、とにかく無名な芸能人に関する記事を量産していました。無名な芸能人は、”有名芸能人”と比較すれば、ライバルは弱いのですが、そもそもテレビに映る機会が少なく、ヤフーニュースで取上げられることもほとんどないので、検索需要が少ないのです。

そのため、虫眼鏡キーワードで上位表示されても、毎日100PV程度しかアクセスを確保できず、なおかつヤフーなどで取上げられてアクセスが爆発することもありませんでした。よって、記事を書けども書けども、アクセスの伸びは小さく、報酬もたいして増えなかったのです。

2.ライバルの強いジャンルでのみ勝負していた

私は、アクセスが伸び悩んでいた頃、芸能ネタに関する記事しか書いておらず、ライバルの強いジャンルでのみ勝負していました。芸能人に関する記事は、調べる内容も簡単で、記事作成に時間がかからないため、多くの初心者トレンドアフィリエイターにとっては恰好のネタだったのです。

そのため、無名とはいえ、芸能人名に関する虫眼鏡キーワードやグッドキーワードは、古くから運営されているSEOの強いブログで埋め尽くされていたのです。当時は、キーワード選定を行う際に、ライバルチェックを行っておらず、しっかりとしたライバルチェックの基準も確立できていませんでした。

そのため、自分のブログでは、到底上位表示できない複合キーワードを選んでしまい、アクセスを集められない無駄な記事を書いてしまうことも多々ありました。よって、アクセスの集まる複合キーワードを安定して選ぶことができなかったため、報酬が日によって大きく異なり、なかなか安定しなかったのです。

3.毎日安定してアクセスを集めてくれる記事がなかった

これは、先に説明した通り、無名な芸能人に関連するネタばかりを扱っていたため、毎日安定して500~1000PVクラスのアクセスを集めてくれる記事が1記事もありませんでした。また、芸能人ネタはアドセンスのクリック単価も20~30円と低く、クリック率も1%を切ってしまう場合が多いです。

月収10万円を突破するためには、クリック単価30円、クリック率を1%と仮定するなら、1日平均で以下のアクセス数が必要となります。

<月収10万円達成に必要なアクセス数>

100000円/(30円✕0.01✕30日)≒11111PV

つまり月収10万円達成するためには、少なくとも1日1万PV以上が必要となります。ところが、私の1日の平均PV数は、5000~6000PV程度であり、クリック単価が20円台後半、クリック率も1%前後であったため、なかなか月収10万円の壁を突破できなかったのです。

では、ここからは、私が月収6万前後での停滞期を脱して、月収20万円を突破した方法について開設していきます。

月収20万円を突破した方法

FreeGreatPicture.com-29074-interesting-material-of-commerce

私は2014年11月からアドセンスのコンサル企画に参加したものの、月収10万円を突破できずに、コンサル期間が終了してしまいました。そこで、先に説明したように、アドセンスの報酬が伸び悩んだ原因を分析し、その反省点をふまえたうえで、次のコンサル企画に参加することにしました。

すると、主に以下の3点が改善されたことで、一気に月収10万円の壁を突破し、月収20万円を達成できたのです。

  • 検索需要が多く稼げるネタでのみ記事を書いた
  • ライバルチェックの基準を設けた
  • クリック率やクリック単価の高いネタも記事にした
    etc

2015年4月収益

では、順番に説明していきます。

1.検索需要が多く稼げるネタでのみ記事を書いた

新たに参加したコンサル企画において、検索需要が多く、なおかつライバルが弱くて稼げるネタを教えてもらうことができたので、アクセスの集まらない無駄記事の数が一気に減りました。そのため、効率よく稼げる記事を量産することに成功したため、報酬が飛躍的に伸びたのです。

結局、トレンドアフィリエイトはキーワード選定でほとんど勝負は決まることを学び、稼げる人と稼げない人の違いは、稼げる複合キーワードを知っているか知らないかだけの差だったことに気づいたのです。

2.ライバルチェックの基準を設けた

メンターからライバルチェックの基準を教えてもらったことで、キーワード選定の精度が上がり、記事を書いても上位表示できないという失敗が減りました。現在では、10記事書けば、狙ったキーワードで8記事は上位表示できるくらいキーワード選定の確率が高くなっています。

3.クリック率やクリック単価の高いネタも記事にした

メンターからは、芸能やスポーツなどエンタメ系のネタだけでなく、生活、美容、健康、お金など人々が興味を持つネタで、なおかつクリック率やクリック単価が高くなるジャンルを教えてもらいました。

これらのジャンルを満遍なく記事にするようにしたことで、クリック率が1.5%前後、クリック単価も35円前後まで上昇しました。さらに、一過性の強い複合キーワードを避けて、ミドルレンジやロングレンジネタのように、毎日安定してアクセスを集めてくれるネタを記事にしたことで、毎日報酬額が底上げされ、安定して3000円以上稼いでくれるブログを構築できたのです。

まとめ

私が、月収6万円前後で伸び悩んでいた理由は以下の3つです。

  • 検索需要の少ないネタばかりを扱っていた
  • ライバルの強いジャンルでのみ勝負していた
  • 毎日安定してアクセスを集めてくれる記事がなかった

そして、2015年の3月末にメンターからの指導を受けたことで、主に以下の3点が改善し、報酬が飛躍的に伸びました。

  • 検索需要が多く稼げるネタでのみ記事を書いた
  • ライバルチェックの基準を設けた
  • クリック率やクリック単価の高いネタも記事にした
    etc

月収10万円の壁をなかなか突破できない人は、是非本記事を参考にしてください。



2 Responses to “アドセンス 「月収6万円で伸び悩んでいた私が月収20万円を突破できた理由」”

  1. 文々 より:

    初めまして!
    自分はアドセンス初心者ですが、とても参考になりました^^
    初心者と言っても半年位経ってしまいましたが。。。

    他の記事も見させていただいて参考にさせてください!

    • ゆうと より:

      文々さん

      コメント頂き、ありがとうございます!
      少しでも、お役に立てたならうれしいです。

      今後も、私の失敗談や成功談をブログに載せていこうと考えているので、
      参考にして頂ければ幸いです。
      では

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ