wordpressで記事に目次を表示するプラグインを紹介

wordpressで、記事に目次を表示させる便利なプラグイン「Table of Contents Plus」のインストール方法と設定方法を解説します。

Table of Contents Plusの導入方法

目次

上の画像のように、記事に目次を表示させるプラグイン「Table of Contents Plus」のインストール方法について解説します。まずは、、ワードプレス管理画面の項目から「プラグイン」にカーソルを合わせて、「新規追加」をクリックします。

次に、以下の画像のように、検索ボックスに「Table of Contents Plus」と入力して、Enterキーを押して目的のプラグインを検索します。そして、「Table of Contents Plus」の”今すぐインストール”ボタンをクリックしてください。

目次 プラグイン

インストールしたら、プラグインを有効化します。

プラグイン有効化

これで、プラグイン「Table of Contents Plus」が使えるようになったので、次は設定について解説します。

Table of Contents Plusの設定方法

以下の画像のように、ワードプレスの管理画面の「設定」から「TOC+」を選択すると、「Table of Contents Plus」の設定画面が表示されるので、ここから基本設定を行っていきます。

 

TOC+ 設定画面

<表示する場所>

記事中で、目次を表示する場所については、デフォルトのまま「最初の見出しの前」にしておきます。

<表示条件>

目次を表示する見出しの数についても、私はデフォルトのままにしています。

<次の投稿タイプのときに表示>

ここは、postにチェックを入れてください。

<見出しテキスト>

こちらは、「目次」と入力してください。そして、目次の表示非表示切り替えボタンのタイトルについては、デフォルトのままで問題ありません。

※デフォルトでは、show,hideに設定されていますが、例にならって「表示」、「非表示」に変更しても良いでしょう。

更新ボタン

最後に、上の画像のように更新ボタンをクリックしたら、基本設定は完了です。うまく目次が表示されているか、記事をチェックしてみましょう。

見出しの一部を除外する

基本設定のみだと、上の画像のように、目次の5番目に「Related Posts」という関連記事の見出しが含まれてしまっています。そこで、「Related Posts」という見出しを目次から除外します。

目次の見出しの一部を除外する方法

まずは、「Table of Contents Plus」の設定画面において、以下のように上級者向け設定の表示リンクをクリックします。

 

上級者向け設定

そして、下に少しスクロールすると、「除外する見出し」という項目があるので、そこに以下の画像のように、除外したい見出しのタイトルとアスタリスク(*)を入力します。例えば、”果物*”と入力すると、果物という単語から始まる見出しが除外されます。

除外する見出しのタイトルを入力

後は、更新ボタンをクリックすれば設定は完了です。

目次から設定した見出しが除外された

これで、目次から設定した見出し「Related Posts」が除外されました。

まとめ

記事に目次を入れることで、検索者は記事の内容を素早く把握できるため、目的の情報に早く辿りつけます。ユーザーに配慮した記事を書くうえでは、目次は必須と言えます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ