FFFTPの使い方を解説!ダウンロードから設定までを図で詳細に説明した

FFFTPのダウンロードから設定、使い方について解説しておきます。

ブログやサイトを運営していると、自分のパソコンからサーバーにデータを送ったり、逆にサーバーから自分のパソコンにデータをダウンロードする機会があるので、FTPソフトは必ず必要となります。

そこで今回は、FTPソフトの中で、最も使い勝手がよく操作が簡単なFFFTPについて紹介します。

FFFTPのダウンロード方法

まず、FFFTPソフトは、以下の「窓の杜」のサイトからダウンロードできます。

FFFTPのダウンロードはこちら

下の図に示したように、赤枠のダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。ソフトのダウンロードが完了したら、インストールを実行してください。

窓の杜 FFFTP ダウンロードサイト

FFFTPをインストールできたら、次にFFFTPにあなたが使用しているサーバー情報を登録していきます。

FFFTPの設定方法

FFFTPをインストール後にソフトを立ち上げると、以下の画像のように、ホスト一覧の画面が表示されるはずなので、「新規ホスト」ボタンをクリックし、FFFTPにあなたが使用しているサーバーを登録していきます。

FFFTP ホスト画面

「新規ホスト」ボタンをクリックすると、以下のようにホスト設定画面が表示されるので、それぞれ赤枠で囲んだ箇所の設定を行います。

ホストの設定画面

私はXサーバーを利用しているので、ここからはXサーバーを例にとってFFFTPへの登録方法を説明していきます。まず、Xサーバーをお使いの方は、Xサーバーのプランに申し込んだ際に、以下のような件名のメールが送られてきたはずです。

Xサーバー アカウント情報 メール

このメールを読んでいくと、以下の画像のように「サーバーアカウント情報」と書かれた項目があり、そこに、サーバーIDやパスワードなどが記載されています。この「サーバーアカウント情報」をFFFTPに登録しなければなりません。

サーバーアカウント情報

そこで、以下の画像から、ホスト設定画面のそれぞれの項目に対応する「サーバーアカウント情報」を入力していきます。ここで、ホスト設定画面において、赤枠で囲んだ”ホストの設定名”については、FFFTP上で使用する名前なので、分かりやすいものを考えて、つけてください。

Xサーバーのアカウント情報と対応するFFFTPのホスト項目

4つの項目すべての入力が完了したら、OKボタンをクリックすればFFFTPの設定は完了です。これで、FFFTPを使用して、あなたの運営するサイトのサーバーにデータをアップロードしたり、サーバー側からデータをダウンロードすることが可能となりました。

最後に、FFFTPの使用例についてですが、ウェブマスターツールにサイトを登録する際に、FTPソフトを使う必要があり、以下の記事にて説明しているので、参考にしてください。

ウェブマスターツールの登録時におけるFFFTPの使い方について



One Response to “FFFTPの使い方を解説!ダウンロードから設定までを図で詳細に説明した”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ