ワードプレスのテンプレートは無料より有料を!その理由を解説

ワードプレスのテンプレートを選定する際には、無料テーマではなく、有料テンプレートを購入することをオススメします。本記事では、有料テンプレートを推奨する理由について解説します。

有料テンプレートを選ぶべき理由

まず、有料テンプレートを使用した方が良いのは、これら2つの理由からです。

  • プロ仕様のサイトを短時間で作成できる
  • 他のサイトとデザインの差別化を図れる

では、順番に説明していきます。

プロ仕様のサイトを短時間で作成できる

有料テンプレートを使うことで、webデザインの専門知識を持たない素人でも、以下のような特徴を兼ね備えたサイトを簡単に構築できます。

  1. 見た目が美しく洗練されたデザインを有したサイト
  2. ユーザビリティが高く、検索者にとって居心地がよいサイト
  3. SEO効果が高く、上位表示しやすい

最近では、無料のテンプレートで見た目の美しいテーマも登場していますが、ソースコード(中身)がいい加減でSEO効果が弱いものが多いです。そして、ソースコードを直すには、HTML,CSS,PHPなどの専門知識が必要なので、テンプレート作成に非常に時間がかかってしまいます。

一方で、有料テンプレートは、webデザインに精通するプロが作成しているので、コーディングが最適化されており、SEO効果の高いテーマとなっています。また、web初心者でもテンプレートをカスタマイズできるように、ワードプレス管理画面において、視覚的な操作でサイトのデザインを設計できるよう配慮されています。

また、マニュアルやユーザーフォーラムが用意されているので、使用者がカスタマイズで躓きやすい点については、マニュアルにしっかりとまとめられており、疑問点はフォーラムで質問できます。以上から、有料テンプレートを使うことで、サイトのデザイン設計にかかる時間を大幅に短縮できるとともに、見た目が美しく、SEO効果を兼ね備え、ユーザビリティの高いサイトを簡単に構築できるのです。

そのため、グーグルアドセンスで資産サイトを構築していく際には、サイト作成者にとって扱いやすく、検索エンジンに上位表示しやすい特徴を持ち、検索ユーザーにも配慮している「有料テンプレート」を選ばない手はないのです。

他のサイトとデザインの差別化を図れる

まず、一般的にワードプレスのテーマを選ぶ際には、ほとんどの人がお金をかけずに、無料のテンプレートをチョイスします。例えば、STINGER5というテンプレートは、多くのサイト作成者が愛用している無料テンプレートであり、あなたも一度は以下のようなデザインのサイトやブログを見たことがあるはずです。

STINGER5

特に、グーグルアドセンス実践者の間では、STINGER5を使用している人が非常に多く、どれもこれも似たようなデザインのブログが検索結果に溢れかえっています。つまり、無料テンプレートはユーザーが多いので、他のサイトとデザインで差別化することが困難と言えます。

よって、無料テンプレートを使用していると、「手動ペナルティ」により、自分のサイトが検索結果の圏外に飛ばされるリスクが高くなります。グーグルアドセンスを行ううえで、「他サイトとの差別化」は非常に重要なテーマであり、検索結果に“似たようなサイト”が複数上位表示されていることをグーグルは嫌っており、手動ペナルティを科すことで、付加価値の低いサイトを定期的に除去しています。

本来、サイトの付加価値は、そのコンテンツ(記事など)によるところが大きいのですが、サイトのデザインもまた付加価値や独自性を判断する際の指標であると言えます。そのため、“他人と同じようなデザインのサイトは作らない”という方針でサイトを構築することは、独自性を出すうえで非常に重要となのです。

もちろん、デザインだけで、そのサイトの付加価値が決まるわけではありませんが、他人と差別化を図るためには必要な要素なので、多くのサイト運営者が使用している無料テンプレートよりも、少数派の有料テンプレートを使用することを推奨します。

では、私がオススメする有料テンプレートをいくつか紹介しておきます。

おすすめの有料テンプレート

まず、有料テンプレートとして人気が高いのは、以下の6つです。

  1. TCD
  2. DigiPress
  3. クラウドテンプレート
  4. Minimal WP
  5. Grazioso(グラツィオーソ)
  6. 賢威

各テンプレートのデザインは、リンク先で確認していただくとして、私がオススメするのはTCDです。上記6つのテンプレートの中では、デザインが最も洗練されており、無料のテンプレートなどとは比べものになりません。

さらに、管理画面も使いやすいので、スタイリッシュなデザインのサイトを簡単に構築できます。ただし、カスタマイズできる範囲が限られているというデメリットがあります。

一方で、2つ目のDigiPressは、テンプレートの見た目ではTCDに劣りますが、カラム数の変更、サイドバーの入れ替えなどをテーマファイルを編集することなく行えるという特徴があります。そのため、HTMLやCSSの知識がなくても、比較的自由にデザインをカスタマイズできるのです。

よって、初心者にはTCDかDigiPressがオススメです。

まとめ

ワードプレスのテンプレートを選ぶ際には、無料ではなく有料テンプレートを使用しましょう。有料テンプレートを使うことで、見た目が美しく、SEO効果を兼ね備え、ユーザーにとって見やすいサイトを短時間で構築できます。

本来、サイト作成者が最も時間をかけるべきは、コンテンツ作成であり、無料テンプレートのお粗末なソースコードを最適化させるのに時間を取られるべきではありません。そのため、効率よく、資産となるサイトを構築していくためには、有料のテンプレートを選んだ方が良いのです。

また、有料テンプレートを選ぶことで、無料テンプレートを使用している多数派のサイトとデザインで差別化を図れるというメリットもあります。ただし、本当の意味で、世界で一つだけのオリジナルのサイトを作成するためには、HTML,CSS,PHPなどの専門知識を習得し、自由自在にテーマをカスタマイズできるスキルが必要になることも覚えておきましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ