ウェブマスターツールの登録方法を解説!サイトマップ送信のやり方も説明

ウェブマスターツールの登録方法やサイトマップ送信のやり方について、画像で説明します。

登録前の準備

まず、ウェブマスターツールに登録するためには、グーグルアカウントを保有している必要があるので、グーグルアカウントを持っていない方は、以下の記事を参考にして、グーグルアカウントを取得してください。

グーグルアカウントの取得方法を解説

ウェブマスターツールの登録方法

では、ここからは、ウェブマスターツールの登録手順について説明していきます。まずは、以下のリンクからウェブマスターツールの登録サイトにアクセスしましょう。

ウェブマスターツール登録はこちら

そして、中央にある入力欄にウェブマスターツールに登録したいサイトのURLを入れて、プロパティを追加ボタンをクリックします。

ウェブマスターツール登録サイト

すると、サイトの所有者を確認する画面に移動するので、1の「 この HTML 確認ファイル」のリンクをクリックして、HTMLファイルをダウンロードします。

サイト確認画面

このHTMLファイルには、以下の画像のように「google」という英単語の後ろに、英数字の文字列がファイル名として書かれているはずです。

htmlファイル

ここからは、ダウンロードしたHTMLファイルをFTPソフトを用いて、サイトにアップロードしていきます。私は、FFFTPというファイル転送ソフトを使用しているので、以下ではFFFTPを使用して、所有者確認用のHTMLファイルをサイトにアップロードしていく手順について説明します。

※FFFTPのダウンロード方法や設定方法については、以下の記事で解説しています。

FFFTPのダウンロード方法と設定方法を図で詳細に解説

まずは、FFFTPを立ち上げると、以下のようなウィンドウが表示されるので、接続ボタンをクリックして、Xサーバーへと接続します。

FFFTP画面

そして、右側のサーバーエリアに表示されているフォルダから、ウェブマスターツールに登録するサイトのドメイン名がついたもの(赤枠部分)を確認し、そのフォルダのアイコンをダブルクリックします。

FFFTP画面 データベース 登録したいサイトを確認

すると、以下のように「public html」という名前のフォルダが表示されているので、そのアイコンをダブルクリックします。

public html フォルダ

これで、以下の画像の赤枠で示したように、「public html」の階層へと入れたので、この階層に先ほどダウンロードしたHTMLファイルをドラッグアンドドロップしましょう。すると、青枠部分に示したように、「public html」の階層へHTMLファイルが表示されているはずです。

「public html」階層

以上で、FTPソフトにより、ウェブマスターツールに登録したいサイトに、所有者を証明するためのHTMLファイルがアップロードできました。次は、再びウェブマスターツールの登録サイトにて、上記のアップロード作業が正しく行われたのかをチェックします。

ウェブマスターツール登録サイトにおいて、赤線で示した3のリンクをクリックしてください。

アップロード作業 確認

すると、以下のようなページが開き、「google-site-verification:」の後に、アップロードしたHTMLファイル名が表示されているはずです。このページには、左上に「google-site-verification:…」という文字列が表示されているだけであり、あとは真っ白です。

アップロード作業が正しく行われた場合に表示されるページ

上の画像のようなページが表示されれば、アップロードは正しく行われたと言えます。最後に、登録ページの確認ボタンを押してください。

確認ボタン

すると、所有権が確認できたことを知らせるページが表示されるはずです。

所有権確認ページ

これで、ウェブマスターツールへのサイトの登録は完了しましたが、このままページを閉じないようにして、以下の手順に従って、サイトマップ送信作業を行います。

サイトマップ送信の手順

ウェブマスターツールにおいて、サイトマップの送信を行うと、サイトのインデックス速度を早めることができます。ここからは、サイトマップ送信の手順について説明していきます。

サイトマップ送信のためには、ワードプレスのプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールする必要があるので、以下の画像のように、ワードプレスの管理画面にログインして、プラグインの項目から「Google XML Sitemaps」をインストールしましょう。

Google XML Sitemaps インストール画面 プラグイン有効化画面

続いて、先ほど閉じないようにしておいたウェブマスターツールのサイト所有権の確認完了ページを選択し、続行ボタンをクリックしてください。

所有権確認ページ 続行ボタン

次に、続行ボタンを押すと、以下のページに移動するので、以下の画像において、「サイトマップがありません」と表示されているボタンをクリックします。

サイトマップ送信ページ

 

そして、サイトマップの追加/テストと表示された赤色のボタンをクリックします。

サイトマップの追加テスト

すると、あなたのサイトのURLの後ろに、入力欄が表示されているので、ここにインデックスURLを入力する必要があります。インデックスURLは、先ほどインストールしたプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定画面から確認できます。

サイトマップ追加画面

まず、ワードプレスの管理画面にログインし、左のサイドバーにあるメニューから「設定」をクリックし、 XML-Sitemapと書かれたボタンを押すと、以下のように「Google XML Sitemaps」の設定画面に入れます。

Google XML Sitemaps 設定画面

ここで、以下の画像の赤枠で囲んだ部分には、インデックスURLのリンクが表示されています。よって、このインデックスURLと、ウェブマスターツールの「サイトマップの追加/テスト」のURLが一致するように、以下のようにコピペして入力欄に貼り付けます。

最後に、「サイトマップを送信」ボタンをクリックしてください。

サイトマップ送信 画面すると、以下のように、サイトマップの送信が行われたことを示す画面に移動するので、「ページを更新する」リンクをクリックします。

サイトマップ送信完了画面このとき、移動したページには、以下の画像のように、送信状態について「保留」と表示される場合があります。

保留

ただし、時間が経てば、サイトマップ送信がウェブマスターツールに反映され、以下のようにグラフが表示されるはずです。

サイトマップ送信 反映確認

これで、サイトマップ送信が完了しました。お疲れ様でした。



2 Responses to “ウェブマスターツールの登録方法を解説!サイトマップ送信のやり方も説明”

  1. […] ウェブマスターツールへの登録方法を図解で解説 これでもう迷わない! […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ